V6の終焉をきっかけに…“兄貴分”の背中を見つめ、嵐も解散秒読みか

 26年間に渡って人気アイドルグループとして活躍してきたV6が、2021年11月1日に解散した。独立する森田剛以外のメンバーは当面、ジャニーズ事務所に残り活動を続けると発表されているが、解散決定までは二転三転があったという。

「V6としてグループでの活動は極力セーブしている状況でした。というのも去年、これまで長年活動を共にしてきた古株のマネージャーをメンバーが事実上のクビにするという騒動があったんです。これは、藤島ジュリー景子社長や他グループの顔色をうかがい続けるマネージャーの仕事のやり方にメンバーが反発したからと言われています。
 もともとV6は、グループのことに関してはきちんとメンバー全員で話し合うというルールを設けていて、森田さんの独立をきっかけに解散することも、6人で話し合った上で決断したことです。ただ、すんなりと解散が決まったわけではなくて、森田さん以外のメンバーでV6を継続しようという話し合いも持たれていたとも。マスコミはV6の解散をことさら美談にしていますが、内情はそれなりに揉めていました」(民放関係者)

 そんなV6の去就をきっかけとして、嵐にも動きが出そうだという。

「もともと嵐はV6の直系となる弟分的なグループで、メンバーはJr時代にバックダンサーを務めていました。そこでダンスや歌唱、ライブや番組収録についていろいろと教えてもらってきたんです。時には厳しく指導も受けてきたので、嵐のメンバーはいまだにV6の前では緊張するそうです」(民放関係者)

 嵐のメンバーは口を揃えて「僕らはV6チルドレン」と公言するほどに慕っているが、特に休業中の大野智は特別な思いを抱いているようだ。

「大野さんはカミセン(Coming Century)の森田さん、三宅健さん、岡田准一さんと合宿所で一緒に過ごしていた同期のような存在。また、ダンスも芝居も上手なトニセン(20th Century)をずっと憧れの存在として間近で見てきた。岡田さんと大野さんは、V6のメンバー選考に最後まで残っていた2人として有名で、大野さんが『バレーボールができない』とジャニー喜多川さんに話したことで、岡田さんになったという伝説があるほど。そんな大野さんは、思い入れの深いV6の解散を目の当たりにして、自分自身も芸能界から去る思いを固めたようです」(民放関係者)

 ただ、嵐までもがすぐに解散するというわけにはいかず、V6の解散を機にある“会合”を行うつもりでいるようだ。

「V6は、何度も何度もメンバー同士で話し合いをして、最終的な結論を自分たちで決めてジャニーズ事務所に報告をしたそうです。このいきさつを知っている嵐のメンバーも、11月中に5人全員で話し合いの場を持って、今後について決定するとか。大野さんは芸能界に残る意志がないので、嵐を継続させるという結論にはならなそうですが、メンバーはとにかく兄貴分のV6の背中を見て、しっかり自分たちだけで話し合おうとしています」(民放関係者)

 5人が揃って会うのも久しぶりだという嵐。その席ではどんな話し合いが持たれるのか?

  • 11/1 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます