【京王杯2歳S展望】2歳戦で唯一の短距離GII、近年は距離延長組が台頭している

拡大画像を見る

 朝日杯FSへ向けての前哨戦だが、2歳戦で唯一の短距離GIIということで、スプリンターを目指していく若駒たちにとっての数少ない目標レースという意味合いもある。近年は距離延長組がしばしば上位を賑わせており、距離短縮組が幅を利かせていた以前とはレースの傾向が変わってきている。

1.距離延長組が台頭

 過去10回で、距離短縮組は[0-3-4-31]で連対率7.9%、複勝率18.4%。対して、前走も1400mだった馬は[5-2-3-37]で連対率14.9%、複勝率21.3%、距離延長組は[5-5-3-36]で連対率20.4%、複勝率26.5%。

2.追っての味が求められる

 過去10年中9年で、前半3ハロンより後半3ハロンの方が速い後傾ラップになっている。スローペースになりやすく、直線でのキレ味が重要となる点で、他場で行われる短距離戦とは異質な性格を持つ。

3.サンデーサイレンス系の血統に注目

 ここ5年の連対馬で、父と母父いずれもがサンデーサイレンス系でなかったのは、17年の勝ち馬タワーオブロンドン一頭だけ。昨年1番人気5着のリフレイム、18年3番人気5着のアスターペガサス、17年2番人気8着のタイセイプライドなどはサンデーサイレンスの血を持っていなかった。

 コラリンは新馬戦こそ敗れたが、続く未勝利とカンナSではいずれも上がり2位の末脚を使って連勝。その走りからして1ハロンの距離延長ならこなせそうだ。左回りはカギとなるが、ルメール騎手の継続騎乗は心強く重賞でも期待したい。

関連リンク

  • 11/2 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます