クレイジーケンバンドのギタリストが「ご当地焼きそばの世界」を語る

クレイジーケンバンドのギタリスト小野瀬雅生が、11月2日に放送される『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)に出演。「ご当地焼きそばの世界」を語る。

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ。

バンドメンバーの地元、横浜で出会った焼きそばにハマったという小野瀬が、ツアーで全国に足を運ぶたびに食べ歩いてきたご当地焼きそばを紹介する。旨い焼きそばにはメロディを感じるとういう小野瀬は製麺所まで調べるというこだわりぶりを見せる。

焼きそばで有名な静岡県富士宮市からは、半生の卵とソースの相性が抜群の富士宮焼きそばが登場。実は焼きそば大国だという「群馬」からは噛み応えや喉越しがクセになる太麺焼きそば、そして小野瀬が「世界一」と呼ぶ名古屋の美麺焼きそばを紹介。

さらに小野瀬流、ご当地袋麺のアレンジレシピも教えてもらう。自宅でも美味しく作れる麺とソースのアンサンブルがマツコの舌を唸らせる。すぐにでも食べたくなるご当地焼きそばがスタジオに大集結する。

なお前回の放送では、大ヒットソング「紅蓮華」の作曲家・草野華余子が出演し、「卓球の世界」を語った。

関連リンク

  • 11/2 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます