「優勝すると意外と…」メダリストたちの本音にさんま仰天

拡大画像を見る

11月2日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)は、「カラダWEEK アスリート大集合SP」と題し放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信。この日は、秋山竜次(ロバート)、乙黒拓斗、狩野舞子、木村敬一、武井壮、谷亮子、鳥海連志、並木月海、野中生萌、張本智和、向田真優、山田優がゲスト出演する。

日テレ系では、10月30日~11月6日の8日間、「カラダWEEK」を開催中。日テレ系のさまざまな番組で、「負けないカラダ、育てよう」をテーマに、健康に関する企画が放送されている。

オープニングでは、東京五輪卓球男子団体銅メダルの張本が「『チョレイ』って言ってる感覚はない」と告白。そこでさんまが「なんて言ってるの?」と聞くと、その返答にさんまは困惑してしまう。フェンシング男子エペ団体競技で金メダルの山田は「会長にどうしてもメダルを獲ってくれと言われた」と、隣に座る日本フェンシング協会会長・武井をチラリ。武井は大会前日に、メダルを獲った暁には「ビッグボーナス」を用意することを約束したそう。実際に武井がプレゼントした大盤振る舞いのビッグボーナスとは?

トークテーマ「私は世間とちょっとズレてるなと思った事」では、パラリンピック競泳男子100mバタフライ(S11)金メダリストで、2歳のときに視力を失った木村が、「人を声で印象付けてしまう」とコメント。さんまが「俺はどうなの?」と聞くと、さんまの声をテレビで聴き続けているため、さんまに似た声の人に会うと「ぐいぐいイジり倒されるんじゃないかと警戒してしまう」と、さんまを笑わせる。

また、男子車いすバスケットボール銀メダリスト・鳥海の「きつい練習がバカバカしくなる瞬間がある」というエピソードをきっかけに、メダリストたちから「優勝すると、意外とこんなもんか、って」(張本)、「なんでこれ(金メダル)のためにがんばったんだろなって思った」(レスリング男子フリースタイル65kg級金メダル・乙黒)、「うれしいけど、これくらいなんだ、と」(レスリング女子53kg級金メダル・向田)など、意外な声が続々。頂点を極めたアスリートにしかわからない感覚にさんまは仰天してしまう。

トークテーマ「私が異性を意識してしまう瞬間」では、女性アスリートたちから「容姿やファッションを褒めてもらえるとうれしい」と聞いたさんまがすぐさま、スポーツクライミング女子銀メダリスト・野中を褒めるも、芸人としてあるまじき失敗に、野中から速攻でツッコミが。また、乙黒が好きなタイプとして元乃木坂46の白石麻衣の名前を挙げると、鳥海、張本も続々坂道シリーズの名前を挙げ、さんまは「みんな坂道走ってんのかい!」とビックリ。さらに乙黒に至っては「本職が乃木坂」と言い出し、さんまから「乃木坂にいたのか!?」とツッコまれてしまう。

そのほか、五輪2大会連続で金メダルを獲得した元柔道選手の谷は、高校生の息子と家で柔道対決をしているというエピソードを披露。さらに、さんまの言うことを淡々と全否定する乙黒や、さんまのツッコミに負けじと言い返す木村など、強靭なメンタルを持つアスリートたちとさんまの掛け合いにも注目だ。

前回は、「わかりあえない男と女 大激突SP」と題し放送。青山テルマ、與真司郎(AAA)、荒川(エルフ)、泉ピン子、蛙亭(中野周平、イワクラ)、奇跡、陣内智則、原田愛、原田龍二、蛍原徹、もう中学生がゲスト出演した。

関連リンク

  • 11/2 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます