日本ハム「新庄監督」、新球場の天然温泉で「お風呂マッパカレンダー」を製作!?

拡大画像を見る

 モクモクと湯気立ち上る浴場で、カメラに向けてポージングを決めるブーメラン型のを穿いた“パン一丁”の選手たち。撮影場所は、23年に開業する日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」に設置された温泉施設だ。

「イイね~キレてる、キレてるよ!」

 と言わんばかりに、真っ黒に日焼けした男が白い歯を光らせて仁王立ちしていた。齢50を超えたにもかかわらず、現役選手よりも鍛え抜かれた腹筋はエイトパックにバッキバキ。まさにこの男こそ、日本ハムの新監督・新庄剛志(49)なのである─。

「これは23年シーズンに販売予定の球団カレンダーの絵コンテです」

 と、語るのは球界の仕事を請け負う広告代理店関係者だ。続けてもらおう。

「新球場のレフトスタンド上段には、天然温泉エリアが設置される計画。そのPRを兼ねて、選手たちのお風呂マッパ写真をメインにしたカレンダーの製作が水面下で進められています。注目すべきは『一番のファッションは体だからね』と、自身のSNSにも筋トレ動画を投稿している新庄監督の肉体美です」

“瓢箪から駒”な新庄の新監督就任。3年連続Bクラスに低迷するチームの再建は球界一のエンターテイナーに託された。東京五輪を制した稲葉篤紀新GMとの腹心タッグに期待高まるばかりだが、いささか人気先行人事なのは否めない。

 11月2日発売の「週刊アサヒ芸能」11月11日号では、深刻なファン離れを促す日ハムの新球場移転事情や稲葉GMと新庄監督誕生の舞台裏とともに、人気をV字回復させるための「シン・新庄劇場」について詳報。救世主が売り出す人気回復の一手に迫っている。

関連リンク

  • 11/2 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます