本命にしかやらんよ?男が本命にしかできない控えめスキンシップ

拡大画像を見る



何気ないスキンシップをされると「気があるのかな?」と期待してしまいますよね。男性は本命女性には、控えめなスキンシップをすることが多いようです。いったいどんな「控えめスキンシップ」があるのかチェックしていきましょう。


名前を呼びながらボディタッチ

名前を呼んだり話しかけたりするときに、体に触れられた経験はありますか?とっても何気ないスキンシップですが、男性は意識的に行っている場合があるようです。「ボディタッチしたいけど、嫌われるのは怖い」と思っている男性は、とってもさりげないボディタッチで様子を見ているそう。


会話の流れで体に触れる

会話が盛り上がったときにボディタッチをする男性も多いようです。イジられたときに肩をたたいたり、イジッたときにツンツンしたり。話のノリでのスキンシップは嫌らしさがないので、男性にとってトライしやすいようです。彼が何気なく触ってくるのは、あなたへの好意の表れかもしれませんね。


いい雰囲気になったときに手をつなぐ

なかなかスキンシップしてくれない彼が手をつないでくれたら、関係が進展するサインかも。本命女性には気安くスキンシップできないと思っている男性は多いようです。いい雰囲気になったときに手をつないでくれたのは、彼が思い切ってあなたに好意をアピールしたのかもしれません。彼はドキドキしながらあなたと手をつないでいた可能性が大きそうですね!


デートの帰り際のキス

デートの終わり際は寂しい気分になることもありますよね。帰り際に軽いキスをしてくれたなら、彼も同じように思っている可能性があります。「離れたくない」という気持ちがあふれて、キスで気持ちを表現したのでしょう。控えめなキスは本命女性だけにするスキンシップといえそうです。
ここでは、男性が本命女性だけにする「控えめスキンシップ」をご紹介しました。何気ないスキンシップに、あなたへの愛情が隠れているかもしれませんよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/1 20:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます