6775gで誕生した男児、英国内で3番目に重い記録か 「カバの赤ちゃん」とニックネームも

拡大画像を見る

英オックスフォードシャー州オックスフォードのジョン・ラドクリフ病院で先月28日、同州テーム在住のシェラル・ミッシェルさん(Cherral Mitchell、31)が次男アルファ君(Alpha)を出産した。

シェラルさんが妊娠37週の時の超音波検査では体重が約5017グラム(11ポンド1オンス)と推定されていたが、その1週間後に誕生したアルファ君の体重は約6775グラムもあり、英国内での出生時の体重が3番目に重い赤ちゃんになるとみられている。

シェラルさんは「アルファがあんなに大きく誕生するなんて思いもしませんでした。アルファは最後の検査から1週間で3ポンド(約1360グラム)以上も体重が増えたのです。私のお腹は大きかったけど、超巨大というわけではなく、今思えば『私が妊娠中、アルファはいったいどこに隠れていたのかしら』と不思議でなりません」と興奮気味に語り、分娩時の様子を次のように明かした。

「大きなアルファを取り上げるのには看護師2人が必要で、アルファの頭が出てくるとみんなが笑っていました。夫のタイソン(Tyson、35)は『オーマイガー! この子はずんぐりむっくりだ』と声を上げていました。」

「また看護師の何人かは『この子はきっと英国内で最も大きな赤ちゃんになるわ』といって携帯電話でググっていたようです。」

実はシェラルさんは妊娠後期で妊娠糖尿病にかかり、胎盤を通して胎児に必要以上の糖分が送られていたという。胎児が高血糖になると成長促進作用のあるインスリンが分泌されて巨大児が生まれるそうで、シェラルさんは「医師は『きっとこの子は子宮の中で砂糖たっぷりの甘い液体を飲んでいたのだろう』と言っていましたよ」と苦笑する。

アルファ君の誕生で4児の母となったシェラルさんは「アルファは私が子宮内避妊器具を使用していたにもかかわらず妊娠した、“サプライズ・ベビー”だったのです」と明かすと、次のように述べた。

「長女ローグ=エンジェル(Rogue-Angel、4)、長男リヨン(Lyon、3)、次女トワイラ(Twyla、生後10か月)の3人は普通の大きさで生まれているのです。でもアルファだけは格段に大きくて、すでにカバの赤ちゃんを意味する“ベビー・ヒッポー(Baby Hippo)”や、米国のぽっちゃり体型の格闘家である“バタービーン(Butter Bean)”といったニックネームがついているのですよ。」

なおアルファ君は現在、新生児集中治療室に入院中で医師らの監視下に置かれているものの、容態は日に日によくなっているようだ。

ちなみにイギリスで出生時の体重が最も重い赤ちゃんの記録は1992年に7030グラム(15ポンド8オンス)で生まれたガイ・カー君(Guy Carr)で、2番目が2013年に7002グラム(15ポンド7オンス)で生まれたジョージ・キング君(George King)だという。

また出生時の身長&体重の両方のギネス世界記録に登録されているのは、1879年1月19日に米オハイオ州セビリアでカナダ人アンナ・ベイツさんが産んだ男の子で、身長71.12センチ、体重9980グラムだった。アンナさんは241.3センチと高身長で、男の子は誕生して11時間後に亡くなっている。

さらに出生時の体重の世界一では1955年9月にイタリア、アヴェルサのカメリーナ・フェデーレさん(Carmelina Fedele)が産んだ男の子で、10200グラムだった。ただこちらは公式な文書に記録されていないという。

画像は『The Sun 2021年10月31日付「OH BABY UK’s third-biggest baby’s sweet tooth left him weighing more than a STONE as he snacked on sugar in the womb」(Credit: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 11/2 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます