V6、笑顔でラストパフォーマンス「こちらこそありがとうだよ」26年間の歴史に幕

V6が幕張イベントホールで開催された「LIVE TOUR V6 groove」の最終日をむかえ26年のグループ活動に幕を閉じた。


ライブは最新のオリジナルアルバム『STEP』に収録されている『雨』からスタート。長さ12メートルの白い6枚のタペストリーにメンバーが投影される幻想的な世界観を演出した。


続いて「TL」「Heart Beat Groovin‘」で ツアータイトルにもある、今のV6の”グルーヴ”を体感できる大人のパフォーマンスを披露し、序盤を盛り上げた。


その後はカミセン、トニセンメドレー、1stシングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』から4thシングル『TAKE ME HIGHER』までのユーロビートメドレーと色褪せないパフォーマンスを披露。 


『CHANGE THE WORLD』『愛なんだ』『WAになっておどろう』を歌唱するシングルメドレーではステージが高さ6,5メートルまでせり上がり会場の最上階のファンにまでパフォーマンスを届けた。


MCでは井ノ原快彦は「配信からの熱気も届いている」と当日会場に来られなかった配信ライブを見ているファンへもメッセージを届けた。


本編ラストは未音源化楽曲『目を閉じれば』を披露。「伝えたいことは山ほどありますが、自分たちらしく歌で届けます。僕たちからの手紙だと思って聞いてください。 本当に26年間僕たちについてきてくれてありがとう」と感謝を伝え歌唱した。この楽曲はメンバーがファンへの想いを伝えた楽曲でこのツアーで初歌唱した楽曲になる。


最後は「俺たちがV6だ!」と叫び本編は終了した。


アンコールでは、ファンからメンバーへのメッセージカードと「ありがとう」の声がはいったスペシャル映像が大型LEDスクリーンに映しだされるサプライズ演出がおこなれた。 サプライズ演出にメンバーは「こちらこそありがとうだよ」と感謝を伝えた。最後は『95 groove』を笑顔で歌唱し、26年の幕を閉じた。

関連リンク

  • 11/2 1:05
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます