学生ノリ抜けてなさすぎ…社会人ならやめておきたい【LINEの使い方】とは

社会人としてのマナー違反には、LINEが深く関わっているって本当?
学生のノリから脱却できないと、冷ややかな視線を向けられてしまうかもしれません。

職場LINEでは避けたいNG項目4つを、一緒に把握していきましょう。

(1)汚い言葉遣いや略語の多様


「マジっすか?」「w」といった文章をLINEで使っていませんか?
学生気分そのままな言葉遣いや略語は、社会に出て使うと白い目で見られることが多いです。

丁寧な言葉遣いは社会人の必須ともいえるマナーなので、LINEでもしっかり反映させましょう。

(2)既読スルーや未読スルー


誰しも既読スルーや未読スルーをしてしまうときだってありますね。
プライベートなら笑って済まされるかもしれませんが、ホウレンソウがかかせない社会人においてはNG行為に当てはまります。

そのまま放置してしまうと、せっかく築き上げた信用をなくすきっかけにもなりかねません。
送られてきた内容は、なるべく早く確認して返信するクセをつけましょうね。

(3)なんでもLINEで済ませようとする


用件をサクッと伝えられるLINEは、非常に便利ですよね。
しかし、緊急事態の際や大切な報告、謝罪の言葉などは、直接もしくは電話で伝えた方がよいことも……。

なんでもかんでもLINEに頼るのではなく、TPOを意識して使いこなしていきましょう。

(4)LINEの連投


手軽にやり取りができるのは、LINEの大きな魅力です。
そのため、一言LINEを連投するケースも珍しくないでしょう。

実はこちらも、社会人ならやめておきたいLINEの使い方です。
何件も小分けにして届くLINEは通知もたくさん届くため、業務の妨げになる可能性があります。

用件はしっかりとまとめて、一度に伝えるよう心がけるとよいかもしれませんね。


日常で使うフランクなLINEは、職場でのLINEにあまり適していないようです。
学生のノリで届くLINEに、周囲はやきもきしている可能性大!

社会人としてのマナーを念頭に置いて、上手にLINEを活用していきましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/1 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます