さよならV6ラストライブ「まだできる可能性見つけ合って終わる」と岡田准一

拡大画像を見る

 人気グループ・V6が1日、千葉・幕張メッセで、全国ツアー最終公演を開催。1995年のデビューから丸26年を迎えたこの日、その歴史に幕を下ろした。ラストではステージに顔を並べ、ファンへの思いを語った。

 ラストでファンから「ありがとう」のサプライズメッセージが寄せられ、メンバー一同目尻を下げた。

 長野博(49)は「本当にこちらこそありがとです。皆さんの拍手と『ありがとう』という言葉に支えられてきました。皆さんの心の中に僕らの笑顔があるように、皆さんの笑顔も僕たちの心の中にあります。その笑顔をこれからもたくさん見たいので、前を向いて、歩いていこうと思います」と感謝した。

 岡田准一(40)は「26年という長さ、アイドルとして皆さんの前に立つという事は皆さんの人生のとって何か良い存在になればと思いながら進む6人の道でした」とアイドル人生を回想。ともに歩んだファンへ「皆さんにとって大事な日、苦しい日と思います」と気遣いを見せた。

 V6として過ごした26年。岡田は「僕たちはまだできるんじゃないっていうくらい可能性を見つけ合って、終わることできます。奇跡的ですごいことだと思うけど、それは支えてくれた皆さんのおかげだと思う。V6の一員として幸せでした」と達成感と充実感をにじませた。

 ステージでは、デビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」「愛なんだ」「目を閉じれば」など全41曲を歌唱し、V6としての活動にピリオドを打った。

関連リンク

  • 11/1 22:42
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます