【V6解散公演】三宅健「これから先もずっとV6をまだまだ愛して」<最後のメッセージ全文>

【モデルプレス=2021/11/01】V6がデビュー26周年記念日の11月1日、千葉・幕張メッセにて「LIVE TOUR V6 groove」最終公演を開催し、同公演をもって解散。三宅健が、ラストMCで思いを語った。

三宅は「みんなにとって今日が1番人生の中で寂しい日かもしれない」と吐露。

「僕にとっても1番今が寂しい日かもしれないけど、V6が作ってきた作品たちは決して消えることはないし、僕たちV6の存在は皆さんの心の中に、そして僕たちの心の中にずっと生き続けていくと思うので、これから先もずっとV6をまだまだ愛してもらいたいと思います」とお願いし、「泣きたいときは泣けばいいし、悲しい気持ちに素直に、たくさん泣いて、前をいつか向ける日が来ることを心から願っています」と言葉にした。

公演でV6は約2時間45分、41曲をパフォーマンス。ラストは「95 groove」を歌い、最後まで笑顔で観客に手を振り続けた。終演後にはモニターに「僕らと出会ってくれてありがとう」「いつかどこかでまた逢う日まで」と“最後のメッセージ”が映し出された。

◆V6、26年の歴史に幕 森田剛はジャニーズを退所

V6は、1995年に「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成し、同年11月1日に「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。その後「愛なんだ」「WAになっておどろう」など数々の代表曲を生み出した。「20th Century」、「Coming Century」のユニットとしても活動し、各メンバーが俳優、バラエティ番組などで活躍の場を広げてきた。

解散後、森田剛はジャニーズ事務所を退所し、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、三宅、岡田准一はジャニーズ事務所で個人で活動していく。(modelpress編集部)

◆三宅健ラストコメント全文

今日この会場に来られなかった人、今回のツアーに参加できなかった皆さん、本当に会いたかったし、今も今日ここに何で私がいないんだろうってみんな思っていると思うけど、みんなの気持ちがこの会場にいてすごく伝わってきているし、みんなにとって今日が1番人生の中で寂しい日かもしれない。

僕にとっても1番今が寂しい日かもしれないけど、V6が作ってきた作品たちは決して消えることはないし、僕たちV6の存在は皆さんの心の中に、そして僕たちの心の中にずっと生き続けていくと思うので、これから先もずっとV6をまだまだ愛してもらいたいと思います。本当にみんな今日まで泣くことを我慢した人もたくさんいると思うけど、僕は我慢なんかしなくて良いと思っています。

泣きたいときは泣けばいいし、悲しい気持ちに素直に、たくさん泣いて、前をいつか向ける日が来ることを心から願っています。本当に26年間みんなに出会えて本当に僕は幸せでした。ありがとうございました。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/1 22:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます