V6ラスト公演「代々木でやるべき」幕張メッセの“配慮”にメンバー感激「好きになっちゃう」

【モデルプレス=2021/11/01】V6がデビュー26周年記念日の11月1日、「LIVE TOUR V6 groove」最終公演を開催し、同公演をもって解散。MCでは、会場となった幕張メッセの感動的な“配慮”を明かす場面もあった。

◆V6解散公演 幕張メッセの配慮に拍手

26年前の1995年11月1日、国立代々木競技場第一体育館でデビューイベントを行ったV6。代々木体育館は、デビュー10周年、20周年記念にも公演を行うなどV6の聖地として知られる。

活動最終日の公演は幕張メッセでの開催となったことについて、井ノ原快彦は「代々木で締めくくるというのがいつもの僕等の形だったんですけど、なかなかオリンピックの関係もあって、会場が整ってないということもあって」と事情を説明。

さらに「でも、いけるかどうか分からないっていうところまで、ずっと幕張さんは、『いいです。最後はV6は代々木でやるべきです。だから私たちギリギリまでここ(幕張)を取っておきますから。ダメになったらここでやってください』って」と、会場の懐深さを明かした。

岡田准一は「好きになっちゃうよね。そんなこと言われたら」としみじみ。会場からも大きな拍手が送られ、井ノ原は「幕張がふるさとだ!!」と笑わせていた。

公演でV6は約2時間45分、41曲をパフォーマンス。ラストは「95 groove」を歌い、最後まで笑顔で観客に手を振り続けた。終演後にはモニターに「僕らと出会ってくれてありがとう」「いつかどこかでまた逢う日まで」と“最後のメッセージ”が映し出された。

◆V6、26年の歴史に幕 森田剛はジャニーズを退所

V6は、1995年に「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成し、同年11月1日に「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。その後「愛なんだ」「WAになっておどろう」など数々の代表曲を生み出した。「20th Century」、「Coming Century」のユニットとしても活動し、各メンバーが俳優、バラエティ番組などで活躍の場を広げてきた。

解散後、メンバーの森田剛はジャニーズ事務所を退所し、坂本昌行、長野博、井ノ原、三宅健、岡田はジャニーズ事務所で個人で活動していく。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/1 22:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます