本仮屋ユイカ「あの日の収録は一生忘れない」山崎怜奈から受けた衝撃とは?

拡大画像を見る

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組
「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。11月1日(月)の放送は、ゲストに歌手のゆいかさんが登場しました。


ゆいかさん



“ゆいか”とは、数多くのドラマ、映画、バラエティー番組などで活躍する女優、本仮屋ユイカさんが音楽活動するときのアーティストネームで、10月24日(日)には待望のファーストシングル「HAPPY WEEKEND LOVE」を配信リリースしました。

2人は以前から親交があり、ゆいかさんは「初めてのラジオ好き友達がれなち。だから、今日はとてもうれしくて!」と喜びを口にします。今年の春に、ゆいかさんがパーソナリティをしているTOKYO FM の番組「三菱地所レジデンスSparkle Life」にれなちがゲスト出演したときのことを「私、あの日の収録は一生忘れない」と言います。

なぜなら、そのときのれなちのトークがとても上手で「なんて小気味よくパワーワードを入れてくる人なんだろうと思って、自分の脳の処理能力が追いつかず、頭から湯気が出た(笑)」とゆいかさん。そして、自分の理想のラジオパーソナリティ像を変更したと振り返ります。

そんなゆいかさんは、元来歌手に憧れて芸能界入りしたそう。しかし、当時は「女優のほうがいい」と勧められて女優活動に専念。とはいえ、ことあるごとに“歌いたい!”と主張し、自身のYouTube公式チャンネル「ユイカのラジオ 本仮屋ユイカ公式チャンネル」の記念すべき初動画でも歌手希望を吐露。

すると、それを観たとある音楽プロデューサーから連絡があり、今回の配信リリースに至ったと言います。予想外のシンデレラストーリーに、ゆいかさん自身「こんな夢の叶い方があるなんて!」とビックリ。

そして、今回の楽曲「HAPPY WEEKEND LOVE」に関しては、いくつか曲の候補があるなかで、YouTubeからスタートしたこともあり、YouTube映えするサイズ感や視聴者のテンション、さらには本仮屋ユイカというキャラクターからあまり遠くない楽曲から選んだとゆいかさん。

さらには、「私にとってラジオは週末に大事なリスナーとつながれる場所。それを恋愛に見立てて歌にしてみようと生まれた曲です」と思いを語ります。

リスナーからは、新しいことを始めるゆいかさんに「新しく関わる方との打ち解け方、人との付き合い方の工夫」についての質問が。これにゆいかさんは「その人よりも先に自分が相手を好きになること。世界で私が一番好きぐらいのテンションでいるようにしている」と回答。また、そのほかにもコミュニケーションとして「名前をよく呼ぶ」「挨拶をすること」「ちょっとした雑談をすること」を心掛けているそう。

30代でやりたい100のことの1つ、「歌手デビュー」を見事に果たしたゆいかさん。今後はどんなことがしたいのかを聞いてみると、「30代になって、ようやく仕事を楽しむということがわかり始めた。今までは言われたことに応えるだけでいっぱいいっぱいで、私が果たしてここにいていいのかという自信のなさがあった。でも、私はここにいていいし、参加してもいいし、私のアイデアをきっと受け取ってくれる制作のみなさんと、ようやく少しだけ対等に話せるようになってきたので、一緒に作っていくような仕事をしていきたい」と抱負を語ります。

そして、最後には「アルバムをひっさげてまた『ダレハナ』に来たい!」と声を大にし、れなちとの再会を宣言していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月9日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

関連リンク

  • 11/1 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます