家の前で飾られたカボチャ その全貌に「センスがダークすぎる」

拡大画像を見る

ハロウィンといえば、カボチャを切り抜いて作られた飾りや料理を思い浮かべますよね。

@Daigo_LeonsRoarさんは帰宅すると、家の前にカボチャが飾られているところを目撃し、Twitterに投稿。

どのようなカボチャだったのかというと…。

リアルすぎる…!

種を活用して作られた、吐いている姿と、矯正装置を付けた歯を見せている姿のカボチャ。

いずれもかわいさはあるものの、吐いている姿がどこかリアルで、「ウッ…」となった人もいるのではないでしょうか。

まさにテーマ通り、『歯科矯正と二日酔い』といえますね!

投稿者さんが住んでいるアメリカでは、こうしてカボチャを切り抜いて家に飾るとか。

このカボチャは、投稿者さんの妻が子供と一緒に作ったとのこと。

投稿者さんの妻は、大学でデザインを学び、おもちゃのデザイナーとして働いたことがあるといいます。

それだけに、こうしてリアルな出来栄えとなったのでしょう!

カボチャの様子に、「センスがダークすぎて、心から笑いづらい…」「クセが強い」と多くの人が反応しています。

ハロウィンの時期に、やってみたくなりますね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @Daigo_LeonsRoar

関連リンク

  • 11/1 18:35
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます