1年で100万円貯めるには?手取り23万もズボラも成功した貯め方まとめ

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253393/ )

使うのはあっという間なのに、貯めるのはやたらと難しい、それがお金!

今回は「1年で100万円貯める」貯蓄に関する方法をご紹介します。

 

めんどくさがりズボラ女子でも1年で貯金100万を達成

その1■給料から貯金にまわす分を差し引いて「先取り貯金」する

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253393/ )

貯金の基本は、給料から先に貯金にまわす分を差し引いて、残りのお金で生活するというものです。これが「先取り貯金」です。

 

その2■ルールは超簡単!手取りの2割を貯金するだけ!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253393/ )

収入の8割ならそれほど生活が苦しく感じることもなく続けられはず。すると、やっぱりこれはムダだったと思える支出が見つかるのです。試しに1、2年続けてみてください。

 

月手取り23万でも100万貯めるテク

・「月5万」 「ボーナス20万」どんなやりくりが?

毎月の貯金額は1か月5万円なので12か月で60万円、ボーナス時20万円を2回で40万円。合計年間100万円のペースで貯金しています。手取り23万円で5万円貯金すると、残りは18万円。では、どのような家計のやりくりをしているのでしょうか?

毎月の部

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253393/ )

手取り23万円

ボーナスの部

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253393/ )

手取り37万円

貯める女性の家計の内訳は自分と比べてみていかがでしょうか?

光熱費は必要最低限に抑えるいっぽう、使っている費目にはけっこう使っている印象があると思います。お金を貯めていく秘訣が隠されているのです。

 

・貯める女性は「つらいだけの節約」はしていない

家計のやりくりはメリハリが大切です。

この女性のケースでは食費を30000円で抑えていますが、交際費などの外食費は惜しまず20000円使っていました。普段はお弁当持参でランチ代を一日200円ほどの材料費で抑える一方、週末に友達とのランチで2000円、飲み会に6000円なども楽しんでいます。

平日お弁当を持参せず600円のコンビニ弁当とお茶150円で750円使っているとすると、手作り弁当の材料費200円と比べると1日550円の差です。平日1か月22日間とすると550円×22日で1万1500円の差となります。

 

関連リンク

  • 11/1 9:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます