セブン、ローソン、ファミマ…この冬食べるべき「コンビニ鍋」おすすめリスト

拡大画像を見る

 日に日に寒さが増し、冷えた体を温める「鍋料理」が恋しい季節がやってきた。

「鍋は好きだけど、準備が面倒。独り身だから、材料を余らせてもなあ」

 そう言って鍋作りをためらう皆さんに朗報だ。

「近年、コロナ禍の“家食需要”に伴って、コンビニの鍋商品がとても充実しています。味のバリエーションも豊富ですし、一食で野菜やタンパク質をバランスよく摂取できる鍋料理は、健康にとてもいいんです」

 こう力説するのは、コンビニ外食研究家の浅野まみこ氏だ。そこで今回、同氏協力のもと、一人で楽しめる大手3大チェーン「コンビニ鍋」を実食リサーチ。その中から、『週刊大衆』が厳選した“冬のごちそう”を紹介していこう。

 まずは浅野氏も太鼓判を押す、ローソンの『ナガラ食品 ホルモン鍋』(410円)から。いわゆる、「もつ鍋」だ。

「醤油ベースのスープがしみ込んだホルモンは、絶品です。酒の肴に、そのまま楽しむのもいいですが、コンビニで買えるカット野菜(キャベツやニラなど)を足してボリュームアップをすれば、ごはんのお供にもなります」(浅野氏)

 ローソンでは他に『すき焼き』(399円)もオススメ。牛肉のうま味が存分に味わえると評判だ。

 同じ肉系なら、ファミリーマートの『デッカイ! こんがり焼つくねのゆず塩鍋』(498円)も外せない。

「野菜がメインの商品が多い中、肉を主役に持ってきた、これまでになかった新タイプのコンビニ鍋です。食べ応え満点で、低カロリー。健康が気になる方にもオススメですね」(前同)

 近年、ブームが続く“辛い系料理”はコンビニ鍋にも波及。ファミリーマートの『1/3日分の野菜が摂れる豚キムチ鍋』(498円)や、セブンイレブンの『1/2日分の野菜 辛旨キムチ鍋』(540円)は、味はもちろん、食べれば体の芯からポカポカになる一品だ。

 中でも、『週刊大衆』オススメは、ファミリーマートの『あさりの旨み スンドゥブチゲ』(378円)。あさりの香り漂う、コチュジャンを使った旨辛スープは、白米との相性抜群。ごはんが進むこと間違いなしだ。

 現在発売中の『週刊大衆』11月15日号ではこのほかにも手軽に手に入るおすすめコンビニ鍋を多数紹介している。

関連リンク

  • 11/1 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます