「既読遅すぎて草」永久に返事をくれない男性4パターンを解説

拡大画像を見る



ここでは【永久に返事をくれない男性4パターン】を解説します。
「なかなか既読にならない」「一向に返事が来ない」という状況が続いているなら、彼はこうしたタイプの男性かもしれません。


友達が少ない

友達が多い男性は、普段からLINEを活用しています。ですが、友達が極端に少なければ、日頃LINEをする相手がいないはず。
だとしたらLINEは活用しないため、確認することもしないでしょう。こうした男性であれば、気づいてもらえない限り返事は来ません。
もしかしたら、電話なら気づいてもらえるかもしれませんよ。


仕事用のスマホを持っている

あなたが知っている彼の連絡先は、仕事用の連絡先ではありませんか?会社からスマホを支給されている場合、そのスマホは職場に置いて帰っているはず。
それなら、プライベートの時間帯に送っても返って来ませんよね。彼はあなたと社交辞令で連絡先を交換した可能性もあります。
仕事の時間帯にLINEしても返って来ないのであれば、しばらくは送らない方がよいでしょう。


結婚している

結婚している男性でも、返事をくれる人もいます。
ただ「妻に誤解されたくない」「妻にスマホをチェックされている」という男性であれば、返事はしないでしょう。
彼が既婚者かどうか、周りの人などに確認してみるとよいですね。そのままLINEを送り続けていれば、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。


相手に気持ちがない

上記のどれにも当てはまらない場合、男性は相手に興味がないと言えますね。あるいはあまりにもLINEがしつこくて、嫌になってしまったのかもしれません。
そうした状態にいる彼へLINEを送り続けても、距離は広がってしまう一方です。
彼からLINEが来るまで控えるか、彼を諦めるか、自身の気持ちと向き合う必要があります。

このような男性であれば、返事も進展も期待できないでしょう。ただし電話に出てくれるようであれば、まだ脈なしとは言い切れません。
一度彼へ電話をかけてみてはいかがでしょうか?(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/1 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます