夫にパパ活された美人妻のユーウツ「食事1回で5万円…浮気されたほうがマシ」

拡大画像を見る

 女優の長谷川京子(43)とポルノグラフティのギタリストである新藤晴一(47)が、所属事務所を通じて離婚を発表。

数年前から話し合い、1年間の別居生活を経て熟考を重ねた結果、お互いがより良い人生を歩めるようにこの決断に至りました

 とはいえ、新藤晴一は長谷川京子との別居報道が出ているなかで“パパ活”疑惑が『FRIDAY』にて報じられていた。多くの人が「あんな美人な奥さんがいてもパパ活するのか」と驚きを隠せなかったことだろう。そんななか、元モデルで現在は専業主婦の恋華さん(28歳・仮名)は、「不謹慎だけど、“仲間意識”を持ってしまいました」と打ち明ける。な、仲間意識……!?

 じつは報道が出る1か月半ほど前、彼女の夫もパパ活をしていたことが発覚したからだ。

◆夫のパパ活が発覚した元モデル女性

「夜、酩酊状態で帰宅した旦那が『会食で飲みすぎた』と言って、ソファで寝落ちてしまったんです。そのとき、スマホのロックが外れた状態でした。興味本位でのぞいてみたらパパ活アプリを開いたままでした」

 夫が熟睡していることを確認した恋華さん。メッセージのやりとりを見ると、実際は仕事の会食などではなく、“パパ活の顔合わせ”だったそうだ。

「新藤さんが使っている(と報じられている)有料アプリでした。大人の関係までは至ってない様子でしたが、その子のことを相当気に入ったのか、“お手当”を5万円も渡していたようです」

 パパ活の食事の値段に決まりはないが、相場として1〜2時間で1万円程度を最低ラインとして提示する人が多いと恋華さんは言う(なんでそんなことを知っているんだ……)。

 それならば、初回で5万円は破格の高値であろう。

「ご飯だけで5万円ももらえたせいか、相手も必死。はっきりと身体の関係を望む単語はなかったものの『次はお泊りしたいです』『月内で夜中に外出できる日程教えてください』と積極的でした。それに対する夫の返信はなかったけど、こっちとしては心臓をえぐられたような気持ちになりました」

◆スマホを見たのは初めてだった

 2人は結婚してから約1年半。1度も浮気の心配をしたこともなければ旦那のスマホに触ったことすらなかったという。

「私は結婚前、容姿を褒められることは多かったけど、モデルとしては鳴かず飛ばずで自信喪失していたんです。そこに現在の夫が『世界一かわいい』『今まで会った誰よりも好き』と、しつこいくらいに言ってくれて。私の自信を取り戻してくれたんです。結婚してからも彼が冷めることはなく、安心していたのですが……」

◆キャバクラやギャラ飲みよりもパパ活は本気度が高い

 今回は青天の霹靂だった様子だが、 「正直、普通に浮気してくれてたほうが許せた」と話す。いったい、どういうことなのか?

「夫は30代後半で見た目も悪くない会社社長。仕事の付き合いでキャバクラに行くとか、大人数で“ギャラ飲み”する(お金を払って女の子と飲む)とかは構わないけど、パパ活は……。

 パパ活のアプリで1対1で女の子と会うのって、“本気”で相手を探してる感じがするんです。相手の写真も見たんですが、お世辞にもスタイルは良くないし、顔もいかにもアプリで盛ってる感じ。なんでこの子を選んで5万円も払ったのか全く理解ができませんでした」

◆離婚したくない理由

 だが、恋華さんはしばらくこの件に触れるつもりはないそうだ。

「贅沢な暮らしをさせてもらっていますので。仲もすごく良いんです。問い詰めて喧嘩しても私にメリットがない。ただ、女性としての自信をすごく失いました。

 女として何か足りないのか? 容姿が劣化してきたのか? 夫がパパ活しているなんて、友人には相談できない。もしも離婚になってしまったら『パパ活された挙げ句、捨てられた』って考えるだけでも惨めです」

◆因果応報、もともとは自分もパパ活女子だった

 パパ活女子に対して嫌悪感を隠さない恋華さん。先ほどは、「普通に浮気してくれてたほうが許せた」という言葉も出た。じつは、彼女の過去に理由があった。

「私も売れないモデル時代にアプリでパパ活していたんです。身体の関係は持たずに、食事やお茶、お手当はもらわないけどブランド物をたくさん買ってもらっていました。70歳過ぎの年配の方もいたけど、夫くらいの年齢で、それ以上にスペックが高いひともいましたね。

 ただ、自分でパパ活しながらも、心のなかでは『このひとたちの奥さんがかわいそうだな』、大金を支払う彼らのことも『バカだな』と思っていました。だから、因果応報なのかな……」

 現在は、夫が自然とパパ活アプリを退会してくれるのを祈るばかりだという。恋華さんが今後、新藤晴一と長谷川京子のように“離婚”なんて結末にならないといいが……。

<取材・文/吉沢さりぃ>

【吉沢さりぃ】
ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある。趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。『bizSPA!フレッシュ』『BLOGOS』などでも執筆。Twitter:@sally_y0720

関連リンク

  • 11/1 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます