MFライス、リーグ戦3連勝中のウェストハムに言及「ビッグチームになるためには…」

拡大画像を見る

 ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが、10月31日に行われたプレミアリーグ第10節アストン・ヴィラ戦を振り返った。同日、イギリス紙『デイリー・メール」が伝えている。

 公式戦4試合負けなしのウェストハムは、10月31日に行われたプレミアリーグ第10節でアストン・ヴィラと敵地で対戦。ウェストハムは7分にDFベン・ジョンソンのゴールで先制点を挙げた。その後、34分に同点に追いつかれたものの、38分にMFライスのゴールで再び1点のリード。さらに、80分にMFパブロ・フォルナルス、84分にMFジャロッド・ボーウェンが立て続けてに追加点を挙げて、ウェストハムが4-1で勝利した。

 ライスはプレミアリーグ3連勝を飾り、ウェストハムが4位につけていることについて「僕たちは4位につけている。シーズン前の大きな疑問は、ヨーロッパリーグ(EL)を勝ち抜いた後、再び同じ強度で試合ができるのかということ」とコメント。さらに「まだ、多くの試合が残っている。このレベルが基準。ビッグチームになるためには、今のレベルを下げるわけにはいかない」と胸中を明かした。

 また、今季3ゴール目を挙げたライスは「ゴールを決めたときの気持ちよさに勝るものはない」と告白。しかし「4-1で勝ったけど、後半はとても良くなかった。たくさんのボールをプレゼントしたから、監督は満足しないだろう。カウンターできたはずなのに、ボールを失ったシーンもあった」と反省点を口にした。

関連リンク

  • 11/1 15:27
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます