好き過ぎる…。夫が思わず惚れ直してしまう「妻からのLINE」とは

夫婦としての付き合いが長いと、マンネリ化してしまうのは当然。
そこで、トキメキを取り戻すようなLINEで、夫をもう一度惚れさせちゃいましょう。

今回は、夫が思わず惚れ直す「妻のLINE」をご紹介します!

(1)「大好き」



何気ないやりとりの中に、愛の言葉を付け加えてみましょう。
付き合いたての頃は自然と言えていたはずなのに、付き合いが長くなると気恥ずかしくてなかなか伝えられていないはず。

不意に「大好き」なんて言われたら、夫も新鮮な気持ちを思い出してくれるでしょう。
やりとりの締めくくりに、ぜひ使ってみてくださいね。

(2)「寂しいなあ」



夫が仕事で家を空けている間、寂しがるそぶりを見せるのも効果的です。
自分が必要とされていることを実感し、夫は嬉しさを感じるはず。

夫の帰りが遅い日や、出張中に送るのがポイントです。
ただし、あまり何度も送るとしつこくなってしまうので、ごくたまに送るのがベストですよ。

(3)「気をつけてね」



いつも自分の身を案じてくれる存在がいるのは、とてもありがたいことです。
「気をつけてね」といったさりげない一言に、夫はありがたみを感じることでしょう。

そして、「いつまでも心配してくれるなんて、優しいな」と思ってくれるはず。
「これから帰るよ」という連絡が夫から来たら、「お疲れ様。気をつけて帰ってきてね」と労う一言を添えて送ってみましょう。

(4)「いつもありがとう」



妻からのLINEで嬉しかった、という声が多いのが「ありがとう」という一言です。
付き合いが長くなると、感謝の言葉を伝える機会が減ってしまう夫婦もいるでしょう。

ですが「いつも仕事を頑張ってくれてありがとう」と感謝の表現することで、夫は妻を愛しく思う気持ちが生じてくるものです。
同時に「もっと頑張ろう」と活力も湧いてくるので、夫はさらに仕事に励んでくれることでしょう。


付き合いたての新鮮さを完全に取り戻すのは難しいですよね。
ですが、些細な一言がきっかけで、惚れ直してもらうことはいくらでもできます。

直接伝えるのはもちろん、LINEで改まって伝えることにより、夫をときめかせてみてはいかがでしょうか?

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/1 15:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます