ローマ撃破でセリエA無敗をキープ…ミラン指揮官が手応え語る「非常に上手く戦えた」

拡大画像を見る

 ミランのステファノ・ピオリ監督がリーグ戦について語った。31日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日にセリエA第11節ローマ戦を迎えたミランは、アウェイの地で1-2の勝利を収めた。これでリーグ戦の成績を10勝1分とし無敗をキープしたミランは、首位のナポリと勝ち点で並んでいる。

 同試合を終えたピオリ監督は「我々は個性的なプレーをしたし、しっかり自分たちのアイディアとアプローチを持っていた。ローマは質の高いチームだが、我々は非常に上手く戦えたし、より多くのゴールを目指し続けた。これこそが、今回のような重要な試合で必要とされるチームの個性だ」とコメント。

 さらに「試合の中には、自分たちがコントロールする場面もあるし、自分たちが苦しみ頑張らなければならない場面がある。ローマは後半の立ち上がりで我々を驚かせたが、セリエAのホームで無敗だった相手(ジョゼ・モウリーニョ監督)に勝利できたことはさらに驚くべきことだ」と続けた。

 ミランの次戦は3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節ポルト戦。同大会ではここまで3連敗と決勝トーナメント進出が危ぶまれている状況だが、ピオリ監督は「何を改善すべきかは理解しているし、CLに向けて準備している。ポルトはとても良いチームだがベストを尽くすよ」と意気込みを示している。

関連リンク

  • 11/1 14:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます