欲しい! 仕事が楽しくなる「遊び心にあふれたメモ」3選

拡大画像を見る

もっとも身近で日常的な文房具であるメモ。メモを机に常備している人は多いはずです。

そんなメモですが、「書ければいいや」と、適当に選んではいませんか? 純粋な実用品だと思われがちなメモですが、実は、遊び心がある商品も作られているのです。

いつも視界に入るものだからこそ、かわいいものを選ぶとワークスペースの雰囲気が明るくなり、気分転換にもなります。仕事を楽しくしてくれるメモをいくつかご紹介しましょう。

■マルモ印刷 アニマルメモ

動物のシルエットをしたメモ。机の上に自立するため、オブジェとして机を彩ってもくれます。

単に動物の形をしているだけではなく、表表紙と裏表紙を小型の磁石で留め、メモが減っていってもしっかりと立つように設計されているのが特徴です。

加工技術も非常に高いですね。動物模様になっている表紙には、本物の動物を思わせる起毛素材を使用してあります。

甘すぎない動物のイラストですから、職場でも飾れるかもしれません。また、全8種類あるので、必ずお気に入りの動物が見つかるでしょう。動物たちに見つめられながら仕事をするのはいかがですか?

価格:660円

■マルモ印刷 うどんメモ

マルモ印刷は香川県の老舗印刷会社なのですが、香川といえばうどん、ということで、うどんをメモにあしらってしまったのがこの商品です。

何がすごいかというと、このメモの表紙となっているうどん、イラストではないんです。香川県に実際に存在するうどん店のうどんを撮影した写真がそのまま配置されています。名店や、作った方が個人的に好きなお店に許可をもらってわざわざ撮影したということですが、そのインパクトは抜群です。

それぞれのメモの裏にはお店の住所も掲載されているため、気に入ったうどんがあれば食べに行くことも可能です。

存在感なら右に出るものはありません。職場で使えば話のきっかけになるのは間違いないでしょう。でも、昼ご飯時に見るとおなかが空いてしまうかもしれませんね。

もちろんメモとしても普通に使えます。メモ用紙はうどんの器の形に添って丸くなっていて、よく見ると罫線がうねっています。そう、罫線までがうどんになっているのです。

香川県を代表する印刷会社の、うどんへの愛があふれたメモです。麺類がお好きな方はぜひどうぞ。

価格:400円

■カミテリア memoterior SHEER

すてきな紙製品を多く送り出しているカミテリアのメモです。

表紙だけを見ると、上品な、しかし普通のメモに見えます。しかし紙はこの通り。文房具柄になっているのです。文房具好きなら見ているだけで楽しくなってしまいます。

さらにすごいのは、10枚ごとに紙の色を変えていること。50枚つづりのメモですから、5色の色を楽しめます。

メモ=白い紙、というのが多くの人の常識だと思いますが、あえてそこに挑み、色のついたメモを使ってみませんか。常識を覆すだけあって、色が変わるだけでも気分転換になります。仕事へのモチベーションも上がるかもしれません。

880円と少し高めではありますが、がらっと気分を変えてくれるこの鮮やかな色にはお金を出す価値があります。文房具柄以外に「cats」「dogs」「Birds」も用意されているので、動物がお好きな方はそちらもどうぞ。

価格:880円

■気分転換に、あるいは伝言を残す時に

つい無難なもので済ましてしまいがちなメモですが、日常的に使うものだからこそ、ちょっと遊んでみませんか。一つだけでも特別なメモを机の上に置いておけば、ワークスペースの光景が変わるでしょう。仕事に行き詰まった時の気分転換になります。

それから、実はちょっとした伝言にも向いているのがメモです。仕事中に伝えなければいけない事が生じたら、今回ご紹介したようなメモにしたためて渡してみてください。普通のメモで渡した時とは、反応が違うかもしれません。

そんな場合でも、今回ご紹介したような遊び心のあるメモはぴったりです。「四角くて白い紙」という先入観が強いメモですが、そこを崩すと、仕事も日常も楽しくなるはずです。

(菅未里)

関連リンク

  • 11/1 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます