“10頭身モデル”永岡拓真、ドキドキのキスシーン<恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~>

【モデルプレス=2021/11/01】ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組の新シーズン「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」(毎週日曜よる10時)が10月31日よりスタート。11月7日に配信される第2話から、メンズノンノファイナリストで俳優としても映画や舞台、CMなどで活躍する10頭身モデル永岡拓真の場面写真が解禁された。

◆「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」

若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかけていく同番組。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

新シーズンも物語投稿サイト「monogatary.com」にて一般視聴者より、「涙のキス」をテーマに原案を募集。すれ違いや言えない関係、嫉妬に駆られる気持ちなど、リアリティ溢れる内容となっており、メンバー全員が全てを曝け出し、ドラマだけでなく舞台裏で溢れる“涙”も見どころだ。

また、オーディション前夜に選ばれたペアが、2人きりの秘密のキスシーン稽古を行う“同棲ハウス”にて課されるミッションがパワーアップして登場。ドラマの内容に即したミッションや、これまで以上に過激なシリーズ初のミッションなど、メンバーたちの距離をさらに縮めるきっかけとなっていく。

◆“10頭身モデル”永岡拓真がキスシーン

初回の配信では、これまでに告知されていた7人のメンバーに加え、前シーズンに出演したアユリ(吉永アユリ)も加わる事が明らかになり、8人での共同生活がスタート。そして記念すべき初回の配信では、最年少のルイ(川合ルイ)とナナ(織田奈那)がドラマの主役を勝ち取る姿が描かれた。

そして第2話の場面写真が先行でモデルプレスに到着。男女1組で行うエチュード稽古で相手役となったカヤノ(中村加弥乃)とキスシーンに挑戦する姿や、稽古中に出演メンバーと談笑する姿が切り取られた。(modelpress編集部)

◆永岡拓真コメント

・出演が決定した際の感想、意気込み

周りの人たちに、「『ドラ恋』に出たい」「お芝居で改めて再スタートしたい」と話していたところ、オーディションの話をいただいて、何も根拠はなかったんですがなぜか受かる気がしていました。この番組に運命を感じて、嬉しい気持ちとともにお芝居と恋愛を全力で射止めたいと燃えていました。

・視聴者へ届けたい姿

「ドラ恋」を通して、俳優としてだけでなく、“永岡拓真”の人間味あふれる姿を、ぜひ目に焼き付けてほしいと思います。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/1 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます