橋下徹氏、辻元清美氏から「好きなんです」で調子狂う「なんて答えたら…」

拡大画像を見る

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が10月31日にフジテレビ系で放送された「Live選挙サンデー」で、“天敵”とも言われた立憲民主党の辻元清美氏から突然「好き」と言われ、調子がくるう一幕があった。

 番組では辻元氏と中継を結びインタビュー。橋下氏は勢い込んで「ずっとこれまで維新の政治に厳しい批判をされてきて、政治ですから100%絶対正しい、間違っているはないが、維新の政治全否定じゃないでしょ?この有権者の状況から見れば」と辻元氏にぶつけた。

 この時点で当落は判明していないが、明らかに辻元氏の表情は元気がない。「今回、自分自身、ゼロからの出発と強く感じているとまず申し上げたい」と言うと、「橋下さんも、私の政策を全面否定せず、いいところはいいと、ぜひお願いします」と訴えた。

 すると橋下氏は「僕も評価はしている」と言うも「辻元さん、街頭演説で大阪から橋下を追い出せ、維新追い出せ!とやったでしょ」と昔の発言を掘り起こすと、辻元氏は「いつの話?」「私は橋下さんのこと、好きなんですよ」と言い出し、橋下氏は「ええ?」と驚き、のけぞった。

 さらに辻元氏は「今回、維新は橋下さんが仕切ってた頃より強くなっている」などしおらしく認めたことから、橋下氏は「全然前回と違う」と辻元氏の変化に戸惑いしきり。

 これに宮根誠司も「(橋下氏のことは)大嫌いって言うてませんでした?大阪都構想の時に大嫌いって。好きなの?」と仰天。宮根はもう一度「一回整理させて。好きなんですか?」と再確認。辻元氏は「好きなんです」と迷わず答えた。

 最後に辻元氏は女性議員を今後も増やしていきたいという思いを語ったが、橋下氏は最後に「やっぱり選挙の効果っておおきい。こんなに辻元さんが変わるってびっくり」と困惑しきり。辻元氏は「橋下さん、私のこと誤解してますよ」と呼びかけ中継は終わった。

 これに宮根は「来年は2人でM-1やな」とツッコむと、橋下氏は「生放送で告白されて、何十年ぶりかだから、なんて答えたら…」と動揺丸出し。加藤綾子アナも「調子狂ってましたね」と言うと、宮根も「4年前にカンテレで大げんかして大騒動になった。それが4年経って好きやと…」と辻元氏の変ぼうに驚き。橋下氏は「これが今回の選挙結果なんです」としみじみしていた。

関連リンク

  • 11/1 11:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます