二宮和也、嵐ライブフィルムが“贅沢”な理由「日本の映画業界が止まった日」

【モデルプレス=2021/11/01】嵐の二宮和也が31日放送の自身がパーソナリティを務めるラジオ「BAY STORM」(bayfm/毎週日曜よる10時)に出演。11月26日に全国公開の嵐のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”」について語った。

◆二宮和也、ライブフィルムをアピール

二宮はライブフィルムについて「これ本当にすごいんですよ、マジで」と言い「映画なんですよ、これ。ライブをそのまま収録したってことじゃなくて、映画としてやってるので」とコメント。

日本の映画界のカメラマンを全員呼んだと言っていいくらいだと話し「日本の映画業界が止まったと言われる日なんですよ、これ」と明かした。

さらに二宮は「ぱっと見たときに『検察側の罪人』のカメラマンさんが上手の花道にいて。『あれ!?』みたいな。『ライブ撮ったことないけど』みたいな。『でも映画だから来た』って言って」と告白。

本当の価値はそこだと言い「いろんなところに本当に必ずみんなが観たことある映画を撮ったカメラマンさんたちが一堂に会して、日本の映画が止まった日って言われてるんです。贅沢なんです、そこが」と興奮気味に語った。(modelpress編集部)

情報:bayfm

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/1 11:27
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます