和田彩花[ライブレポート]すべての人の幸せを祈る気持ちを多彩な音楽表現で届けたワンマンライブ

和田彩花が、10月31日(日)に東京・ SPREADにてライブイベント<和田彩花とオムニバス / 私的礼賛-Live->を開催した。11月23日(火・祝)に初のソロアルバム『私的礼讃』を配信リリースすることが決定している和田。今回の公演は、配信リリースに先がけてアルバム全曲を披露するスペシャルライブとなった。アルバムは、和田がすべての楽曲の作詞を担当。この日は、彼女自身の世界観が詰まった楽曲を、生バンドの演奏で観客へ届けた。本記事では、オフィシャルレポートをお届けしよう。

LEDキャンドルライトやフィラメント電球の温かい光が点々とする会場に、和田とバンドメンバーが登場すると観客が拍手を送る。彼女たちが1曲目に披露したのは「エピローグ」。ループするアコースティックギターの音色からバンドサウンドが導かれ、和田は生命の誕生を想起させる歌詞を優しいボーカルで歌っていく。続けて、ピアノ、ギター、サックス、ビートが絡み合う「空を遮る首都高速」を歌唱。都市で生きる想いをグルーヴ感あふれるサウンドで届けた。

今回のライブから、和田のライブ活動の名義は“和田彩花とオムニバス”となった。バンドメンバーを表す“オムニバス”というワードからは、仲間たちと自由なスタイルで音楽活動をしていきたいという意志が読み取れる。この日のメンバーは、バンマスの劔樹人(B/あらかじめ決められた恋人たちへ)、オータケコーハン(G/あらかじめ決められた恋人たちへ、LAGITAGIDA etc.)、楢原英介(Violin, Key/VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)、U(Dr/ソロアーティスト、コレサワなどのサポートメンバー)、そして6月からバンドに加わったハラナツコ(Sax, Flute/折坂悠太、LARNERSなどで活動)という編成。

彼女たちが次に披露したのは「mama」。視野を広げることの大事さを願う和田のボーカルと、ソウル感とエレクトロニックなフレイバーがミックスしたサウンドのマッチングがとても心地よい。

和田は「目の前で木の葉が落ちた」という詩の朗読を行ない「スターチス」を歌唱。別れ間際の心情を、ミディアムポップなサウンドで歌っていく。穏やかなメロディと跳ねるようなリズム感が絶妙な「ゆりかご」、ピアノのリフレインから徐々に広がりを見せる「#15」と、彼女は次々と楽曲を聴かせていく。

「こだわりの紅」という短い詩から、和田はソロとして最初に発表したフランス語詞の楽曲「Une idole」を歌唱する。初期に披露していた頃とライブアレンジはかなり変化しており、バンドの一体感、力強さが強烈に感じられるものとなっていた。2019年8月にソロアーティストになり、ここまで約2年以上活動してきた、彼女の音楽表現の拡張を改めて実感できた。

ライブは、MCを挟むことなく色とりどりのライティングとともに続々と進んでいく。ファンキーなイントロからスタートする「みやしたぱーく」は、アシッドジャズフレイバーのナンバー。和田の伸びやかなボーカルとスリリングな演奏の突き抜け感はとても痛快。

「ホットラテ」は、エレクトリックピアノの音色と温かいメロディが響く楽曲。人それぞれの違いや幸せを肯定する歌詞が、4つ打ちのビート、サックス、ノイジーなギターが層になってループしていくサウンドに乗って心に深く刺さるように伝わってきた。

トラッド感とマーチング風のリズムが凛とした空気を醸し出す「For me and you」が届けられる。真の感情をさらけ出すことの怖さ、それをも受け止める想い、大きな意味での愛情が伝わる歌が、力強さと優しさが交差するサウンドとともにパワフルに会場に響いた。

“1234”のカウントから始まったのは、爽やかなメロディとキレのいいビートが響く「私的礼讃」。歌詞は、ただ大勢の人と群れることや、ただ多数派の意見に流されることへ疑問符を投げかけるストレートなもの。爽快ですらあるサウンドは、自分の道を行く晴れやかなマインドを映し出しているかのようにも感じられた。

そして、ラストチューン「パターン」を披露。彼女たちは朝の始まりと恋愛の始まりを鮮やかなメロディとタイトなリズムで伝え、演奏を終えると、和田の“ありがとうございました”の言葉に観客は大きな拍手を送った。和田とバンドメンバーがステージを去ると、会場はLEDキャンドルライトの光のみになり、カセットテープに録音された和田の朗読が流される。テープの声が終わり、明るくなった会場に観客の拍手がわき起こってライブは終了となった。

アルバム『私的礼讃』というタイトルには、人それぞれの幸せを褒め称えたいという想いが込められているという。つまりここで言う“私”という言葉は和田だけではなく、すべての人たちと捉えていい。さまざまな楽曲を通じてすべての人の幸せを祈る。そんな和田彩花の想いがしっかりと伝わってくるライブだった。11月23日のアルバム配信リリース日当日には、新代田FEVERでワンマンライブも開催する。今回の<私的礼賛-Live->が今までのまとめ的な内容、11月23日の新代田FEVERではより深い表現を見せるライブが行なわれるそうだ。音源でもライブでもブレることのない音楽を伝える和田彩花。彼女のこれからの活動にぜひとも注目してほしい。

<和田彩花とオムニバス(仮題)>
日程:2021年11月23日(火・祝)
会場:新代田FEVER(東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F)
1部:開場13:00/開演13:20
2部:開場16:00/開演16:20

関連リンク

和田彩花 公式サイト和田彩花 公式Twitter和田彩花 公式Instagram和田彩花 公式YouTubeチャンネル

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/1 11:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます