立ち上がった後、倒れそうになる犬 両手がふさがっていた飼い主は…!?

拡大画像を見る

『さばげぶっ!』や『ねこ色保健室』などの作品で知られる、漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。

天真爛漫で天使のような性格の犬と、我が道を行くツンデレなお猫様との暮らしが描かれている漫画がTwitterで公開され、人気を集めています。

松本ひで吉 『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズ

松本さんと暮らす犬は、だんだんと歳をとってきたそうです。

犬は人間よりも歳をとるのが早いため、今まで当たり前にできていたことにも少しずつ変化が見られるようになります。

『嬉しくなると立つ犬』

嬉しい時に立ち上がるクセがあるという、松本さんの犬。しかし、歳をとったためか、立ち上がった後によろけることがあるのだとか。/p>

倒れそうになる犬がケガをしないよう、何度も体を支えていた松本さんでしたが…。

よろけた犬に気付いた松本さんは、両手がふさがっていたためすかさず足を広げ、ヒザで支えたのです!

松本さんのとっさの判断により、犬は倒れずに済んだよう。突然の出来事に、ヒヤッとしたことでしょう。

嬉しそうに見上げる犬に対し、松本さんは足を震わせながら、「もうノリで立つのやめないかい…?」と話しかけたのでした。

松本さんの行動に、読者からは「愛がにじみ出ている」「ナイスアシスト!」などのコメントが寄せられています。

大切なペットには、無理な行動はせず、ケガなく健康に過ごしてほしいものですね…!

単行本『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』が発売中!

2021年10月13日に、『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の最新刊が発売されました!

また、『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の単行本第1~6巻が発売中。過去の作品を読み返してみるのはいかがですか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @hidekiccan

関連リンク

  • 11/1 11:08
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます