【みやこS見どころ】昨年覇者クリンチャーが久々に武豊騎手とコンビを組む

拡大画像を見る

 クリンチャーに注目したい。3年1か月ぶりとなる武豊騎手とのコンビで勝利で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/7(日) みやこS(3歳上・GIII・阪神ダ1800m)

 クリンチャー(牡7、栗東・宮本博厩舎)は元々JBCクラシックを目標にしていたが、選定から漏れてこちらに回ってきた。阪神ダート1800mは、昨年の同レースを3馬身差で圧勝するなど得意とする舞台。18年凱旋門賞以来となる武豊騎手とのコンビで連覇を期待したい。

 オーヴェルニュ(牡5、栗東・西村真幸厩舎)は今年の東海Sと平安Sで重賞2勝。特に後者は2着に6馬身差を付ける圧巻の内容だった。今回は帝王賞・7着以来となるが、調教の動きが上々でいきなり力を出せる仕上がり。始動戦を制してGIへ向かうことができるか。鞍上は初コンビの和田竜二騎手。

 その他、今年のエルムSで重賞2勝目を飾ったスワーヴアラミス(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)、昨年のダイオライト記念など重賞2勝の実績馬アナザートゥルース(セ7、美浦・高木登厩舎)、連勝でレパードSを制したメイショウムラクモ(牡3、美浦・和田勇介厩舎)、初ダートのダンビュライト(セ7、栗東・音無秀孝厩舎)、阪神で6勝している古豪ヴェンジェンス(牡8、栗東・大根田裕之厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連リンク

  • 11/1 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます