『恋です!』大反響の“恋愛相談”など、感動の2シーンをプレイバック

水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)では、先週の第4話放送後、大反響となった2シーンをプレイバック配信する。



勝ち気だけど恋に臆病な盲学校生・ユキコ(杉咲花)と、喧嘩上等だけど根はまっすぐなヤンキー・森生(杉野遥亮)の恋の行方を描く本作。10月27日に放送された第4話では、ユキコが森生と対等になりたいとの思いから始めたアルバイトに苦戦する姿が描かれ、「お互いを支え合い、高め合う関係が素晴らしい」という感想がSNSにあふれるなど大きな話題となった。


そこで今回も日テレ公式YouTubeでは、第4話放送後、大きな反響のあった2シーンをプレイバック配信。一つ目は、森生がユキコの盲学校での同級生・青野(細田佳央太)に恋愛相談をするシーン【11/1(月)18時配信】。青野の話に「グッときてしまう」「泣いた」「考えさせられる」などと反響が相次いだ。


そして二つ目は、こちらも「優しくて泣ける」「号泣」と感動を呼んだ、バイトで失敗をし落ち込むユキコに森生がエールを送るシーン【11/2(火)18時配信】をピックアップする。


水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第5話は、11月3日(水)よる10時放送。


<第5話あらすじ(11月3日放送)>

森生(杉野遥亮)に告白する覚悟を決め、待ち合わせ場所に呼び出したユキコ(杉咲花)。しかし、緊張するユキコの前に現れたのは、突然白杖を取り上げようとするハチ子(生見愛瑠)だった!「障害者はずるい」その声を聞いたユキコは、相手がハチ子だと気づくが……。森生のことで嫉妬心を燃やすハチ子vsユキコの修羅場が勃発する!そこに森生もやってきて……!?


その夜―。ユキコは、森生のためにアルバイト先で作ったポテトを手渡し、勇気を出して告白する。「……好きなんだよ、黒川のことが!」想定外のユキコの告白にびっくりし、腰を抜かす森生!ついに2人は恋人として一歩を踏み出す。
そんな中、アルバイトにも慣れ始めたユキコは、店長の茶尾(古川雄大)や同僚たちの協力を得て、新しい業務にも挑戦。しかし、皆が弱視のユキコをサポートする中、同僚の1人・紺野(大友花恋)は、生き生きと働くユキコに面白くない気持ちを抱いていた……。


翌日―。ユキコと森生は水族館デートに行くことに。お互いに照れながらも、2人はドキドキの詰まった初デートを満喫する!
一方、仕事帰りのイズミ(奈緒)は、ジムから出てきた獅子王(鈴木伸之)に遭遇。ハンカチを貸してもらって以来、獅子王の存在が気になるイズミは距離を縮めようと画策する。しかし獅子王は、ユキコと森生の順調な恋に、何か思うところがある様子で……。


その夜。ユキコは、イルミネーションの始まるクリスマスにもう一度水族館に行こうと森生に提案する。しかし、森生は突然表情を曇らせて……。実は森生には触れられたくない過去のある出来事があった。2人は森生の秘密を巡り、ケンカをしてしまい……!?



■水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』
毎週水曜よる10時 放送

(C)日本テレビ

関連リンク

  • 11/1 7:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます