彼氏を落ち込ませるセリフ9パターン

男性の心は繊細です。何気ない一言が、彼氏の心を傷つけ、深い溝をつくるキッカケとなるかもしれません。では、どのようなセリフが、彼氏を落ち込ませてしまうのでしょうか。今回は、「彼氏を落ち込ませるセリフ9パターン」を紹介いたします。

【1】「前から気になっていたんだけど、息臭いよ。」
「前から」という言葉がショックを増大させます。言いづらくても、気が付いたときに教えてあげることが彼女の役割のひとつでしょう。

【2】「しっかりしてよ。」
思わぬトラブルが発生したときの一言です。トラブルで頭がいっぱいになった彼氏には、ツライ一言でしょう。一緒にトラブルを対処しようとする優しさが彼の心を潤すでしょう。

【3】「前の彼氏は、もっと優しかった。」
元カレとの比較は、想像以上のショックを与えます。

【4】「触らないで。」
スキンシップの拒絶は、心の距離を感じさせ、ショックを与えます。

【5】「もうちょっと努力したら?」
彼女に対して努力しているのに、この言葉を言われたら、自分のダメさ加減を実感し、落ち込みます。

【6】「なんだか、生命力ないよね。」
一生懸命、生き抜いている男性には辛い一言です。

【7】「え。その話、オチないの?しょーもな。」
オチのない話を聞いたときの一言です。関西人にとっては許せないと思うかもしれません。

【8】男友達を紹介されたとき、何度も「カッコイイ!」と褒める。
少し褒める程度であれば気になりませんが、何度も褒めると彼氏は落ち込み、嫉妬心も芽生えるでしょう。

【9】テレビでイケメン俳優を見て、「この人だったら、抱かれてもいい!」
相手が芸能人であっても言動によってはヤキモチを焼きます。リアリティがなくても、このセリフを聞けば彼氏は嫉妬するでしょう。

他には、どのような言葉が、彼氏を落ち込ませてしまうのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/1 7:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます