大島優子 出演映画『とんび』、特報映像解禁!

拡大画像を見る

大島優子が出演する映画『とんび』が、特報映像とティーザービジュアルを公開した。

息子アキラ(北村匠海)の語り口で紹介される今回の映像は、街の名物男ヤス(阿部寛)の破天荒な姿を描くシーンから始まる。

鼻歌交じりにトラックを運転し、夜には小料理屋『夕なぎ』の前で酔った勢いで喧嘩。そんなヤスが美佐子(麻生久美子)と出会い、アキラが生まれる。

街の人はヤスたち親子を“とんびが鷹を生んだ”と噂した。

いつくしむまなざしでその腕に息子アキラを抱くヤスだが、人生絶頂の幸せにいた家族に悲劇が起きてしまう。

またティーザーポスターには海辺で“高い、高~い”と嬉しそうに、幸せそうにアキラを抱き上げるヤスの姿が描かれている。

映画『とんび』

2022年に全国劇場公開
出演:阿部寛、北村匠海、杏、安田顕、大島優子、濱田岳、宇梶剛士、尾美としのり、吉岡睦雄、宇野祥平、木竜麻生、田中哲司、豊原功補、嶋田久作、村上淳、麿赤兒、麻生久美子、薬師丸ひろ子
原作:重松清『とんび』(角川文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:港岳彦
配給:KADOKAWAイオンエンターテイメント

■あらすじ
昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。運送業者で働くヤス(阿部寛)は、今日も元気にオート三輪を暴走させていた。愛妻・美佐子(麻生久美子)の妊娠に嬉しさを隠せず、姉貴分のたえ子(薬師丸ひろ子)や幼馴染の照雲(安田顕)に茶化される日々。幼い頃に両親と離別したヤスにとって家庭を築けるということはこの上ない幸せだった。遂に息子・アキラ(北村匠海)が誕生し“とんびが鷹を生んだ”とみな口々に騒ぎ立てた。しかしようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。こうして、父子2人きりの生活が始まる。母の死を理解できないアキラに、自分を責めるヤス。和尚の海雲(麿赤兒)は、アキラに“みんなが母親代わりなってやる”と説き、雪が降っても黙って呑み込む広い海のようにアキラに“悲しみを降り積もらすな、お前は海になれ”と、ヤスに叱咤激励するのであった。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、我が子の幸せだけを願い、不器用にも愛し育て続けた。そんなある日、誰も語ろうとしない母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスは大きな嘘をついた──。

関連リンク

公式サイト

©2022『とんび』製作委員会

関連リンク

  • 11/1 7:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます