松井秀喜、プロ入り初打席で洗礼を浴びた日本球界最高の“左腕”とは

拡大画像を見る

 巨人からMLBに渡って活躍した松井秀喜氏が、上原浩治氏のYouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」に出演した(10月25日投稿動画)。

 上原氏が松井氏の印象的なシーンとして挙げたのは、プロ1年目、オープン戦での初打席。大きく曲がるスライダーに腰が引けたものの、ド真ん中のストライク判定だったというものだ。その前の球のカーブについても実は腰が引けていたという松井氏は、「冗談じゃなく、本当に真っ直ぐに見えたのよ」と、当時の衝撃を振り振り返ったが、相手投手は誰だったのか。

 その人とは、東北楽天ゴールデンイーグルスのGM兼監督を務める、石井一久氏(当時ヤクルト)だった。

 石井氏のプロ入りは1992年。松井は93年であることから、初対戦は石井氏にとって2年目。この年、3勝にとどまっており、「一軍行くか行かないかのピッチャーがこんなボール投げるの? スゴイところ来たな…。一軍でバリバリやってるピッチャー、もっとスゴイボール投げるんでしょって思ってたら…実際、一番良いカーブだったな。それを一番最初に見て良かったなと思ってる。あれ以上のスライダーとカーブ見なかったよ」とした松井氏。

 ただし、石井氏を苦手としていたのは、あくまで「若い時」だけで、次第に慣れてからはそこまで嫌ではなかったことも主張していたあたりは、やはりプライドがあるのだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 11/1 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます