これは送っちゃダメかも?!友達からの“好感度急降下LINE”とは…

友達からのLINEの返信が冷たくなったと思ったことはありませんか?
それは、もしかすると知らず知らずのうちに好感度が下がるようなLINEを送っているのかもしれません。

そこで、これは送っちゃダメかも?!友達からの“好感度急降下LINE”を4つご紹介します。

(1)リア充アピール



女性の中には、旅行に行ったときやショッピングをしたときなどに、わざわざ写メ付きのLINEでそれを報告する人がいます。

楽しかったことを共有したい気持ちはわかりますが、リア充アピールをしていると思われてしまうこともあるので注意が必要です。

女性同士の場合、それが原因で妬まれてしまうことにもなりかねません。
相手を不快な気持ちにさせないためにも、リア充アピールだと思われるようなLINEは送らないようにしましょう。

(2)長文の相談



友達からLINEで相談されたとき、長文のネガティブな内容が送られてきたらドン引きしてしまうこともあるでしょう。

会ってゆっくり話せるときに相談するならまだしも、突然長文のLINEがきたら返信に困ってしまうことも。
いくら仲のいい友達でも、突然長文のLINEで相談するのは控えたほうがいいのかもしれませんね。

(3)返信が適当



友達にLINEを送ったのに返信が一言だったり、スタンプだけだったりすると冷たい印象を受ける方も多いでしょう。
そんな適当な返信ばかりしていると、友達からLINEがこなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

LINEを返す際には、無理して忙しいときに適当に返すのではなく、時間があるときに返信するのもありと言えるでしょう。

(4)否定的な内容



友達からのLINEに否定的な意見ばかり返していると、好感度が下がりかねません。
相手に共感する内容のLINEを送ったほうが、友達付き合いがうまくいくようです。

そのため、否定的な内容ばかり送るのではなく、つねに相手の身になって考えて返信するよう心がけましょう。


友達に好感度急降下LINEを送ったことがある方は、これから気をつけるべきと言えます。
これは送っちゃダメかも?!友達からの“好感度急降下LINE”を参考に、LINEの返信を今一度考えてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/31 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます