吉村氏 日本維新の次期代表選不出馬「知事に専念」松井氏 3度目都構想「今はない」

拡大画像を見る

 31日、投開票された「第49回衆議院議員総選挙」で日本維新の会が公示前の11議席から約3倍の30議席を確実にした。特に小選挙区19区のうち15区で候補を擁立した本拠地・大阪では“全勝”が有力となる勢いを見せた。

 コロナ対策で知名度を上げた副代表の吉村洋文大阪府知事(46)を「選挙の顔」に据えた。遊説先では人だかりができ、維新幹部は創設者の橋下徹氏を引き合いに「『吉村旋風』は橋下超え」と評した。改革色を出し、自民党・岸田政権との対立軸を明確化して批判票の受け皿となる戦略も奏功した。

 この日、情勢を見守った代表の松井一郎大阪市長、吉村副代表らは、午後10時から大阪市内のホテルで会見。松井代表は「期待を裏切ることなく、国会においても実績を積み上げないと。きょうからスタートだと思う」と意気込みを明かした。吉村副代表は“勝因”を「大阪で実績を積み上げてきた。約束したことを実行する姿勢が評価されたと思う」とした。

 また、松井代表は市長任期をもっての政界引退の考えに変わりがないと明かした。次期代表選について問われた吉村副代表は「大阪府知事の仕事に専念したい。大阪維新の会の代表もやっている。コロナ対策もやらないといけない。なので代表選になっても出ない」と明言した。

 これまで2度、住民投票で否決された『大阪都構想』の3度目の挑戦について聞かれ、松井代表は「今はありません」と返した。

関連リンク

  • 10/31 22:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます