「もしかして無意味!?」男性にLINEでする【脈アリアピール】のデメリットとは?

拡大画像を見る


気になる男性ともっと仲良くなりたいとき、LINEで脈アリアピールをして「もっと私を誘って!」と暗にアピールする女性も多いでしょう。多くの場合、男性はその作戦に乗ってくれて親しくなることができます。しかし、場合によってはLINEを使った脈アリアピールは逆効果となってしまう可能性もあります。失敗しないように、LINEでの脈アリアピールにどのようなデメリットがあるのかチェックしておきましょう。


意外と気付かない男性が多い

男性の印象を悪くするわけではありませんが、LINEでの脈アリアピールは気付けない男性も多いと言われています。そのため、女性側が「こんなにアピールしているのに誘ってくれないなんて、脈ナシなんだ」と誤解してしまうリスクが高いでしょう。LINEでの脈アリアピールは「気付いてもらえればラッキー」くらいの気持ちでしないと、自分でチャンスを潰してしまうこともあるので注意が必要です。


軽い気持ちだと思われてしまいがち

顔を見ずに好きなタイミングで送れるのがLINEのメリットです。そのため、そんなLINEで脈アリアピールをすると、軽い気持ちでからかっていると誤解されてしまう恐れがあります。顔が見えないからこそ、本気度が伝わらずに男性に誤解されるのです。LINEだけではなく、会話でもデートに誘うなど色々な方法でアプローチを仕掛けるようにしましょう。


面倒な女性だと誤解されることも

男性はLINEを使った駆け引きを苦手とする人も少なくはありません。既読スルーや未読スルーだけではなく、LINEでの脈アリアピールもその一つ。そんなタイプの男性に脈アリアピールをしても、面倒な女性だと誤解される恐れがあるでしょう。「LINE依存している女性は無理!」と一気に嫌われる恐れもあるので注意してください。


LINEでの脈アリアピールは慎重に行おう!

成功率が高いと言われているLINEでの脈アリアピールですが、その一方で失敗したときのリスクは非常に大きいアプローチ方法です。気になる男性には有効かどうか、二人の関係や男性の性格を把握しながら慎重に試すようにしてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/31 21:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます