恋のチャンスを逃してるのは自分!?【モテ女になれない】LINEの共通点とは?

拡大画像を見る


好きになった男性とは、LINEで仲を深めるのが一般的です。男性とLINEの回数が多ければ多いほど、親密になるでしょう。また、デートに誘う口実も増えるため一気に親しくなることも可能です。しかし、実はLINEの内容によっては男性から嫌われてしまうこともあります。親しくなるつもりが、モテを遠ざけることもあるでしょう。では、そんな風に自分でモテのきっかけを逃してしまう女性のLINEにはどのような共通点があるのでしょうか。


お互いを知り合うのに必死

誰かと仲良くなりたいとき、自分のことを知ってもらうのは大切です。出身地や好きな食べもの、趣味などの情報があればあるほどデートの口実が増えるでしょう。また、相手のこともたくさん知っているほど誘いやすくなります。しかし、そのせいでLINEで長文で自分のことを紹介したり、相手を質問攻めにすると男性も良い気分になりません。不自然なやりとりになりかねないので注意してください。


男性と文章の量が合っていない

LINEではお互いにフィーリングを合わせることが重要です。たとえば、男性とのLINEが楽しすぎて、男性からは短文で返ってくるのにあなたは長文ばかり送っていないでしょうか。逆に、男性がたくさん長文をくれるのに、あなたが短文しか返さないのもNGです。それだけでも「なんとなく合わない」と思われるリスクはあるので、文章の長さは合わせる努力をしましょう。


スタンプや絵文字を使いすぎる

文章の量と同様に、男性とLINEのテンションを合わせることも重要です。たとえばスタンプや絵文字の量が多すぎると、男性からは目がチカチカすると思われてしまうでしょう。男性もどんどん使う人なら問題ありませんが、全く使わない人相手なら合わせた方が好感を持たれやすくなります。男性が使わない人なら、自分が使う場合も絵文字は一度の送信に1~2個くらい、スタンプはLINEを始めるときと寝るときの挨拶に一個くらいを意識するのがおすすめですよ。


LINE一つでモテない原因になるかもしれないから気を付けて!

「LINEの交換まではいけるのになかなか彼氏ができない!」という人は、自分でLINEによってモテを遠ざけてしまっているのかもしれません。いつもLINE交換まで良い雰囲気なのに……と悩んでいる人は、自分のLINEにモテない女性の特徴がないかセルフチェックしてみてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/31 18:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます