I神戸が開幕から無傷の6連勝…新潟Lに勝利の東京NBが2位に浮上/WE第7節

拡大画像を見る

 30日と31日にYogibo WEリーグ第7節が各地で行われた。

 ここまで開幕5連勝中で首位に立つINAC神戸レオネッサは、未だ勝利のないちふれASエルフェン埼玉と対戦。24分にMF成宮唯のゴールでリードを奪った神戸は、その後はGK山下杏也加の好セーブもあり失点を許さず。結局試合は0-1で終了し、I神戸は開幕からの連勝と無失点を継続した。

 前節初黒星を喫した3位の三菱重工浦和レッズレディースは、アウェイで6位のジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦。開始3分に千葉のMF田中真理子に先制ゴールを許すと、42分にはFW大澤春花が追加点を記録して前半を終える。迎えた後半、浦和はFW菅澤優衣香のゴールで1点を返したものの、反撃もここまで。2-1で千葉が勝利を収め、敗れた浦和は2連敗を喫した。

 10位の大宮アルディージャVENTUSと9位のAC長野パルセイロ・レディースが激突した一戦は、長野が前半に2点のリードを奪いハーフタイムを迎える。後半は大宮Vも76分にFW井上綾香のゴールで1点を返すが、AC長野はその5分後にDF五嶋京香がゴール。結局試合は1-3で、アウェイのAC長野が勝利を収めた。

 アルビレックス新潟レディースをホームに迎えた日テレ・東京ヴェルディベレーザは、開始12分にオウンゴールで先制し前半を終える。迎えた後半、両チームともスコアが動かせない時間が続くと、東京NBは72分にFW小林里歌子のゴールでリードを2点に広げた。試合はそのまま2-0で終了し、勝利した東京NBは、浦和と今節試合のなかったマイナビ仙台レディースを抜き2位に浮上している。

 サンフレッチェ広島レジーナとノジマステラ神奈川相模原の一戦は、スコアレスドローに終わった。

 第7節の試合結果と順位表、また第8節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
ちふれASエルフェン埼玉 0-1 INAC神戸レオネッサ
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2-1 三菱重工浦和レッズレディース
サンフレッチェ広島レジーナ 0-0 ノジマステラ神奈川相模原
大宮アルディージャVENTUS 1-3 AC長野パルセイロ・レディース
日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-0 アルビレックス新潟レディース

WE ACTION DAY:マイナビ仙台レディース

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差
1位 I神戸(18/+12)
2位 東京NB(13/+8)
3位 マイ仙台(12/+8)
4位 浦和(12/+6)
5位 千葉L(8/−2)
5位 AC長野(8/−2)
7位 S広島R(8/−3)
8位 N相模原(6/−2)
9位 新潟L(5/−6)
10位 大宮V(5/−7)
11位 EL埼玉(1/−12)

■次節の対戦カード
▼11月6日(土)
13:00 マイ仙台 vs 東京NB
13:00 N相模原 vs 大宮V
14:00 新潟L vs 千葉L

▼11月7日(日)
14:00 浦和 vs I神戸
14:00 EL埼玉 vs AC長野

WE ACTION DAY:S広島R

関連リンク

  • 10/31 17:35
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます