ウィル・スミスが子供達の前でショッキングな過去を告白 「自殺が頭をよぎった」

拡大画像を見る

人気俳優のウィル・スミスが、自身のInstagramで“コロナ太り”した姿を公開し「自分史上最悪」と自虐気味に綴ったのは今年5月のことだった。

「もっと自分に自信が持てるようになりたい。」
「自分史上最高の体型を手に入れる!!!!!」

そう自身に活を入れたウィルは、のちに『Will Smith: The Best Shape Of My Life』のタイトルでYouTubeドキュメンタリーを制作することを発表。心身ともにより健康な姿を取り戻すまでの道のりを動画でシェアすることをファンに約束した。ウィルは「20週間で20ポンド(約9キロ)落とす」ことを目標に、アスリートやサイエンティストらのアドバイスを受けながらタイヤフリップやヨガなどあらゆるエクササイズに挑戦、その進捗状況を随時Instagramでファンとシェアしてきた。

そんなウィルが現地時間29日に再びInstagramを更新、全6回のドキュメンタリーシリーズ『Will Smith: The Best Shape Of My Life』のティーザーを公開し、初回配信日が11月8日に決まったことを発表した。

「この番組を始めた当初は、自分史上最高の肉体になることを考えていた。でもそれとは裏腹に、僕のメンタルはどこか違う方向を見つめていたんだ。結果として、僕はありとあらゆる自分の隠れた部分を発見することになったよ。」

ティーザーの冒頭部分でそう語ったウィルは、時期を同じくして自叙伝『WILL』の執筆にあたっていたが、自身の内面と深く向き合う傍ら、肉体面でも己の限界に挑戦するという過酷な日々を過ごしていたもよう。ティーザーでは長男トレイ、次男ジェイデン、長女ウィロウら家族とテーブルを囲みながら、

「自殺が頭をよぎったのは、後にも先にもこの一回だったね。」

とショッキングな告白をする場面も見られた。本編では「この一回」がいつのことを指しているのか、またそんな心境にいたるまでにどんな経緯があったのかなどがより深く掘り下げられるようだ。

1990年代に人気を博したシットコム『ベルエアのフレッシュ・プリンス』でたちまちAリストセレブの仲間入りを果たしたウィル・スミス。どこか憎めない陽気なキャラクターや愛嬌のある笑顔をトレードマークに、30年の長きにわたりハリウッドの第一線をひた走ってきた。しかし自叙伝には、スクリーンに映る自身の姿はあくまでも「丹念に作り込まれたキャラクター」であり、それは世間から身を守り、自信のない臆病な自分をごまかすための隠れ蓑にしかすぎない―と綴られている。

11月8日配信開始の『Will Smith: The Best Shape Of My Life』や9日発売の自叙伝『WILL』では、国民的俳優のそんなよりダークな一面が明らかになりそうな予感だ。

画像2、3枚目は『Will Smith 2021年6月20日付Instagram「Jaden never smiles in his pics. I made some changes.」、2021年6月21日付Instagram「Looks good on a coffee table but I better not catch any y’all coppin’ my book just for your *aesthetic*.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 10/31 17:20
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます