元カノを忘れられない男子を振り向かせるアプローチ9パターン

片思いしている男性がフリーになったら、自分をアピールするチャンス!とばかりに意気込む人は多いでしょう。特に、相手が元カノに未練を残している場合は、積極的な働きかけが必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「元カノを忘れられない男子を振り向かせるアプローチ」をご紹介します。

【1】「今日はなにしてた?」と毎日のように様子をうかがい、つながりを増やす
「さりげなく声を掛け続けて、自分を印象づける」(20代女性)というように、一人の時間が増えたはずの相手にマメに連絡して、存在をアピールする方法です。重苦しい話題は避けて短時間で切り上げるようにすれば、気軽に応じてもらえるでしょう。

【2】「アクション映画でも観てスカッとしよう!」と男性好みのプランで遊びに誘う
「行きたがっていた場所に誘えばOKしてもらえそう」(10代女性)というように、遊びの内容そのものが魅力的なら、乗り気にさせやすいでしょう。デートっぽくせず、とにかく楽しい時間を一緒に過ごすことを目指すとよさそうです。

【3】「私でよければ、愚痴でもなんでも聞くよ」と癒しキャラで迫る
「弱みにつけ込むようだけど、落ち込んでいるのを放っておけなくて…」(20代女性)というように、傷心の男性に優しくするのは王道かもしれません。急いで関係を深めようとすると拒絶されかねないので、相手の傷が癒えるのを気長に待ちましょう。

【4】「知ってた?君はけっこうモテるんだぞ」とじっと目を見つめる
「『元カノ以外にもあなたを好きになる女性はいるよ』と言って、意味ありげに目線を送る」(20代女性)というように、ヒントを多めに与えて「新しい恋は目の前にある」と気づかせるのもいいでしょう。勘のいい男性なら、こちらの意図にピンときてくれそうです。

【5】「じゃあ、彼女に立候補しちゃおっかな」と冗談まじりにアピールする
「『相手のいない者同士、くっついちゃう?』とふざけて言ってみたけど、目は笑ってなかったかも…」(10代女性)というように、それとなく本音を漏らすのもよさそうです。一笑に付されても悲しいので、目線や態度に本心をにじませましょう。

【6】「彼女の言う『欠点』も、私は好きだけどなあ」と好意をほのめかす
「元カノが嫌がってた『関西人』とか『体育会系』を褒めまくったら、『俺のこと超好きじゃん(笑)』と図星を突かれた!」(10代女性)というように、相手を励ますための言葉が、告白と受け取られる場合もあります。わざと熱弁をふるって、単なる励ましではないと伝えるのも手です。

【7】「私といるときのあなたはよく笑ってる」と相性のよさに気づかせる
「『結局、最後はいつも私といるね』と言って、私がベストな相手だと証明した」(20代女性)というように、自分たちの親密さをアピールして、友達以上の関係を目指す方法です。男性との付き合いが長いほど、説得力が増すでしょう。

【8】「踏ん切りがつくまで、待っててもいい?」と告白めいた問いかけをする
「女はこりごりだと言われたから、『じゃあ、期待しても無駄?』とすねてみた」(10代女性)というように、告白に近い言動で、想いをぶつけるのもいいでしょう。その一言で恋が成就する保証はないとしても、男性の心を揺さぶることはできそうです。

【9】「私が彼女を忘れさせてあげる!」と思い切って交際を申し込む
「相手が元気を取り戻しそうなときに『付き合って』と言ったら、OKの返事が!」(10代女性)というように、ストレートなアプローチは切り札として使えそうです。身勝手に言い寄っても玉砕しそうなので、男性の心情を察しながらタイミングを見定めましょう。

相手はほかの女性に未練を残しているので、攻めの姿勢と同時に忍耐力も必要なようです。絶好のチャンスを逃さないよう、慎重に事を進めましょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2014年6月3日から5日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/31 17:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます