サイズが大きすぎて偽物と勘違い 3億円超えのダイヤモンドを捨てそうに(英)

拡大画像を見る

自宅を整理していた際にお宝を発見したのは、英ノーサンバーランドに住む70代の女性だ。女性は普段から「カー・ブート・セール」と呼ばれる車のトランクに不用品を入れて販売する蚤の市やガラクタ市のようなイベントを訪れており、アクセサリーを購入するのが趣味だという。

掃除中に見つけた大きなダイヤモンドが付いた指輪も、数年前にカー・ブート・セールで購入したものだった。すっかりこの指輪の存在を忘れていたという女性は、どこで買ったかも覚えていないと明かしている。

久しぶりに目にしたその指輪に付いていたダイヤモンドは1ポンド硬貨よりも大きく、子ども用のおもちゃと勘違いしてもおかしくないほどのサイズだった。女性は購入当時も安いコスチュームジュエリー(非貴金属を用いて作られたファッション性を重視した装飾品)だと思っていたようで、この際捨ててしまおうと考えていた。

しかしこの発見を近所の人に話すと「お店で鑑定してもらったほうがいい」と強く勧められた。女性は半信半疑ながらも捨ててしまう前に鑑定してもらうことに決め、ノース・シールズにあるオークションハウス「Featonby’s Auctioneers」を訪れた。

同店のオーナーであるマーク・レーンさん(Mark Lane)は「女性は通りすがりに指輪を持ってきたようで、『この指輪を鑑定してくれませんか?』と尋ねてきました」と当時を振り返る。

女性が持ち込んだその指輪は、結婚指輪や低価格のコスチュームジュエリーが入っているような箱に入れられていた。

マークさんは「私たちは1ポンド硬貨よりも大きなその宝石を見て、キュービックジルコニア(ダイヤモンドと似た輝きを放つが、市場価値はその100~500分の1と言われる)か、人工のダイヤモンドだと思いました」と話している。マークさんはパッと見て本物のダイヤモンドではないと思い込んでしまったので、急ぎの案件ではないと判断して数日間は机の上に放置していたという。

そして鑑定を行うためにこの指輪はロンドンにあるパートナー会社を経由し、ベルギーのアントワープにいる専門家のもとへ送られた。その結果、このダイヤモンドは34カラットもある本物の宝石と判明したのだ。

ダイヤモンドは大きさを表すカラット数だけでなく、輝きや色、透明度など総合的に鑑定しその価格が決まる。鑑定士によると、今回のダイヤモンドの価格は274万1520ドル(約3億1千万円)になる可能性もあるという。

オークションハウスを経営して5年になるというマークさんも「これほどの価値のあるダイヤモンドを見るのは初めて」と驚いている。

なおこのダイヤモンドは来月30日にオークションに出品される予定で、それまではロンドンにある宝石店「Hatton Garden jewelry」で保管されるそうだ。

画像は『New York Post 2021年10月29日付「Woman nearly discards diamond worth $3M after mistaking it for toy」(Featonby’s Auctioneers)』『LADbible 2021年10月29日付「Woman Discovers Ring She Was Going To Bin Is Worth £2 Million」(Credit: North News)(Credit: Featonby’s)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/31 16:17
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます