SixTONES森本慎太郎、日テレ『鉄腕ダッシュ』「島と村」出ずっぱりで見せたキンプリ岸優太との差、TOKIO城島茂の「限界腰痛」を救った秘密特訓とサメ調理

拡大画像を見る

 SixTONESの森本慎太郎(24)が10月24日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、TOKIOの城島茂(50)のピンチを救う活躍を見せた。

 この日は、森本が城島や地元の漁師とともに、沖縄の海で一般的なアジの400倍の大きさを誇るという巨大アジの捕獲に挑戦したVTRを放送。1回目のロケで巨大アジを釣りあげることができなかった一行は、その84日後にリベンジのため、再び沖縄を訪れた。

 アジがもっともよく釣れる時間帯に、城島の竿にアタリが来たが、引きが強烈でなかなか釣りあげることができず、25分が経過してしまった。このロケの2日前に『24時間テレビ44』(日本テレビ系)のマラソン企画で10キロの距離を走った城島が「痛え、腰」と悲鳴をあげると、森本はそのピンチを救うべく、「交代します?」と自ら交代を提案。城島がそれに応じたところ、城島が倒れこむ映像に「腰が限界」というテロップが映し出されていた。 

 そんな中、城島の竿を持った森本は「こんな引き、初めてっすよ! これが400倍アジか! こんな大物だとは!」と驚愕。しかし、森本のパワーやテクニックはかなりのもので、水深70メートルから60メートルまで、なんとか引きあげた。番組の説明によると、森本はDASH島で重さ20キロの石を巨大アジに見立て、釣りあげる特訓をしていたという。結局、30分かけて計50メートルも巻きあげたが、力尽きた森本は「力なくなってきた」「交代してください」と周囲に助けを求め、漁師と交代。

 そして全員で交代しながら竿を引っ張ること2時間30分。ようやく釣りあげた獲物は、巨大アジではなく、全長が2.4メートル、体重が150キログラムもあるカマストガリザメだった。その後、一行は港に戻ると、森本のリクエストで巨大サメフライづくりに挑戦。

■岸優太とは対照的な森本慎太郎

 ここで森本はダッシュ島やダッシュ村で培った経験を活かし、調理や食レポでも活躍してみせた。木材を切るように硬いヒレをノコギリでスムーズにカットしたほか、出来上がったサメフライを試食した際には、「うまい! 揚げることによって、身の中にある脂が出てきて、すごいジューシーさが出てきました。若い子、絶対好きですよ」と若者目線で食レポをするなど、城島をしっかりとサポートしていた。

 たくましい姿を見せていた森本だが、10月17日に放送されたDASH島の生き物を調査する企画でも、ためらうことなくヘビを手づかみで捕獲し、番組を盛り立てていた。

 一方、森本とともに『鉄腕ダッシュ』におけるTOKIOの後継者として有力視されているKing&Princeの岸優太(26)は枝豆が大豆になることを知らず、その無知ぶりをTOKIOの国分太一(47)からツッコまれるなど、ちょうどいいイジられ役となっている。こちらはこちらで、森本と違った魅力を発揮しているのだ。

 どんな過酷な場面でもしっかりコーナーを引っ張っていく森本と、イジられ役で癒やし系の岸。対照的なキャラの2人だが、こうしたコントラストが視聴者を楽しませてくれていることは確かなようだ。この2人さえいれば、TOKIOのメンバーも安心して同番組を卒業できるに違いない。

関連リンク

  • 10/31 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます