【オータムリーフS結果】7番人気デンコウリジエールが差し切りオープン初V

拡大画像を見る

 31日、阪神競馬場で行われたオータムリーフS(3歳上・OP・ダ1400m)は、好位集団の後ろでレースを進めた団野大成騎手騎乗の7番人気デンコウリジエール(牡4、栗東・荒川義之厩舎)が、直線で外から脚を伸ばし、先に抜け出した2番人気スマートダンディー(牡7、栗東・石橋守厩舎)をゴール寸前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に4番人気アヴァンティスト(牡5、栗東・渡辺薫彦厩舎)が入った。なお、3番人気スマッシングハーツ(牡5、栗東・新谷功一厩舎)は5着、1番人気エアアルマス(牡6、栗東・池添学厩舎)は9着に終わった。

 勝ったデンコウリジエールは、父メイショウボーラー、母デンコウデア、その父スペシャルウィークという血統。大阪スポーツ杯(OP)・7着から巻き返してオープン初勝利を飾った。通算成績はこれで17戦5勝。

関連リンク

  • 10/31 15:04
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます