このタイプは要注意!仲が良いのに最後は別れてしまうカップルの共通点

拡大画像を見る



あなたの周りにも仲がよかったのに結局別れてしまったカップルはいませんか?実はわかりやすいカップルには、ある特徴があるのです。今回は、仲がいいのに最後は別れてしまうカップルの共通点をご紹介します。


付き合うまでの期間が短い

出会ってから付き合うまでの期間が短いカップルは、別れやすい傾向があります。出会ってから付き合うまでの期間が短いと、相手のことを十分に知れていないからです。付き合っていくうちに価値観が違ったり、性格が合わなかったりすることもあるので、結局別れてしまうのでしょう。恋愛は一つ一つ大切なものですから勢いではなく、付き合うまでしっかり相手を知ることが重要。


喧嘩が多い

よく「喧嘩するほど仲がいい」と言われていますが、恋人同士の場合は当てはまらないケースもあります。喧嘩ばかりだと自分も彼も、相手といることが次第に辛くなってくるのです。喧嘩をしないように自分の気持ちを押し込むのも良くありませんが、喧嘩ばかりすることでストレスがどんどん溜まることもあるかもしれません。そしてどちらかが我慢できなくなって、結局破局してしまうのです。


いつも一緒にいる

誰と遊んでいても、いつでも一緒にいるカップルを見て「仲がいいな」「本当に好きなんだな」と思うこともあるでしょう。しかしそのようなカップルに限って、すぐに別れてしまうことはありませんか?いつも一緒にいるカップルに限ってすぐに別れてしまうのは、自分の時間がなくて辛くなってくるからです。何をするにしても、誰と遊んでいてもパートナーがいるので、心を休める時間がなくなってしまいます。ある程度お互いが自立していると、長続きする傾向にありますね。


失恋したから付き合った

付き合った理由が「好きな人に振られたから」「好きな人を忘れるため」であれば、すぐに別れる可能性は高いでしょう。新しい恋愛でふっきろうとする気持ちはわかりますが、実際にはうまくいかないことがほとんどです。相手も最初は「忘れられなくてもいい」と思っていますが、時間が経つに連れ辛くなるもの。新しい恋愛で好きな人を隠すのではなく、乗り越えることが大切ですね。
いかがでしたか?付き合っても長続きしないのは、上記に当てはまっていたからかもしれません。長続きするカップルになるためには、彼をよく知り、お互いの時間をもつことが大切なポイントですよ。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/31 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます