V6三宅健、好きな人&友達に抱く「好き」の違い語る

【モデルプレス=2021/10/31】V6の三宅健が、30日放送のフジテレビ系バラエティー番組「トークィーンズ」(よる9時~)に出演。恋愛観について語った。

◆三宅健、女性友達に花を贈る

男性ゲストに様々なズバリの質問をしながら、その素顔を暴き出す同番組。ところが、指原莉乃は三宅を前に「90年代生まれは間違いなく全員通ってる」「めちゃくちゃ好きだったんですよ!初めて好きになった異性が、三宅さん」とすっかり愛の告白状態に。「完全に『初めての人』なんですよ!」と、もともと大ファンだったことを告白し、三宅やスタジオを驚かせた。

「人たらし」とも言われるという三宅は、男女の区別なく人との距離が近く「女友達にも誕生日プレゼントあげる。お花とか」と告白。「リサーチして好きな色を聞いて…」と花にもしっかりこだわって送るというが「何か誤解が生じちゃって、『私のこと好きなんでしょ?』とか。だから『好きだけど友達として好きだよ』って」と明かした。

◆三宅健、好きな人&友達に抱く「好き」の違いは?

一方で、実は「お花で喜んでくれる人かそうじゃない人なのかっていうのは、自分の判断基準になるかも」とも告白。「お花って結構めんどくさい。でもそれができるっていうことは、お世話ができる人なんだなってことがわかる」と相手の人となりを知るための手段ともなっていると、頭脳派な一面も覗かせた。

女友達にでさえ花を送るという三宅ゆえ、スタジオからは、友達に対する「好き」と、本当に好きな人への「好き」の違いについて質問が。すると三宅は「究極は未来が想像できる日でしょう」と回答。「結婚や付き合ってどう過ごすかも含めて」と、恋愛対象として好きな場合は、将来や生活といった面も想像すると率直に答える場面もあった。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/31 13:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます