【難読】“がんぶ”じゃない?「玩ぶ」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「玩ぶ」の読み方です。

“がんぶ”と読むのかな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「玩ぶ」の読み方は?

「玩」は愛玩、玩具と読むので、“がん”という読み方はわかる方もいますよね。

しかし、これに送り仮名の「ぶ」をつけて“がんぶ”と読むのは、少し違和感がありませんか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“もてあそぶ”と読みます。

■「玩ぶ」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「玩ぶ」の意味は以下のように解説されています。

もて‐あそ・ぶ【弄ぶ/▽玩ぶ/×翫ぶ】

[動バ五(四)]

1 手に持って遊ぶ。手であれこれいじる。「ハンカチを―・ぶ」

2 心の慰みとして愛する。賞翫 (しょうがん) する。「書画骨董を―・ぶ」

3 好き勝手に扱う。楽しむかのように、思いのままに操る。「徒 (いたずら) に言葉を―・ぶ」「運命に―・ばれる」

4 人を慰みものにする。なぶる。「他人の気持ちを―・ぶ」

“もてあそぶ”と聞くと、「弄ぶ」という漢字を思い浮かべる人が多いと思いますが、「玩ぶ」とも書くんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「玩ぶ」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。読み方は一緒ですが、「玩ぶ」は物を対象に使い、「弄ぶ」は人に対して使うという違いがあるそうです。

読み方が同じなので難しいですが、きちんと使い分けできるようにしたいですね。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 10/31 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます