松本人志、週刊誌に裁判で負けた過去 虚偽報道への対応に持論を展開

【モデルプレス=2021/10/31】お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、31日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(毎週日曜あさ10時~)に出演。女優の戸田恵梨香と水川あさみが27日、SNSにて週刊誌報道を否定したことについてコメントした。

◆松本人志、週刊誌に裁判で負けた過去

一部週刊誌・メディアにて、戸田が体調不良により休養予定であることやそれにより主演作を降板したこと、親交の深い水川と距離ができたことなどが報じられていた。これを受け2人は、それぞれInstagramを更新。報道を否定するとともに、非事実に基づく報道が行われることに疑問を投げかけていた。

松本は「僕も昔100(%)嘘(のことを)書かれて訴えたら、全面的に(週刊誌側が)嘘を認めてるんですけど、裁判で僕負けたんですよ」と過去に裁判で負けた過去を告白。

「簡単に言うと『あなた芸人でしょ?これぐらいいいじゃん』っていうことでしょうね。『名誉棄損にはあたらない、名誉毀損と言うほどでもない』みたいな感じで負けたんですよね」と明かし、「だからこれ(戸田・水川の報道)も訴えてどうかっていうと微妙なところやと思うんですよ」と考えを語った。

また、「でも(裁判に)勝ったところで微々たるものなんですよ。変な話、1000万盗んでバレたら10万円返して許してもらえるみたいな。この矛盾がある以上、こういう嘘記事はなくならないですよ」と続け、「罰金になったとしてもたかだか知れてるし、それも記者のポケットマネーでもないし、顔をさらすわけでもなければ何でもないわけですから、多分これは罰を重くしないとなくならない」と持論を展開した。

レギュラーの犬塚浩弁護士は「法として罰せられるのは名誉を傷つけるとか、その人の仕事上の信用を傷つけるというレベルに立って、初めて規制ができるということなので『あの人とあの人は仲が良い・悪い』という次元だけだと、まだその人たちの信用を毀損しているとまでは言えないので、なかなかそれだけで罰する、規制をかけるというのは難しいかなという風に思います」とコメント。

松本はその難しさを理解しつつ、「でも僕は、ちょっとずつでもボディーブローのように聞いていかせるというのはあっていいと思う」と戸田や水川のようにSNSなどで声を上げることに賛成の意思を示した。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/31 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます