これって遊びなの?本気なの?男性の恋愛観はこうなんです。

拡大画像を見る


男性にとって真剣な恋とそうではない遊びの恋愛に分ける傾向があるようです。
もちろん、お付き合いをしているのだから真剣な恋であってほしいと感じるのは当然のことです。では、なぜ男性は遊びの恋とそうではない恋に分けるのか?その理由を解説します。


寂しさの穴埋め

寂しさの穴埋めは、本当によくあることのひとつです。
その人の気持ちが自分自身に向いているのであれば、それで良いのではないか?と考えるようです。寂しさの穴埋めをされていても、結果として真剣な付き合いになることはありません。
彼が本当は好きという感情がなく、付き合ってから好きという感情に変わっていくというケースもあるのです。


結婚まで考えられない

遊びの恋の場合、どれだけ相手が魅力的な女性であっても結婚までは考える事ができないというケースがあります。
結婚願望がない女性は多くいますが、ある程度の年齢にさしかかってくるとやはり結婚は意識していくものなのです。
相手に好きという感情があっても、結婚する意思がなければこれ以上付き合う事は難しいという結論に至るようです。


アプローチされたから

相手にアプローチをされたというだけで付き合いに発展させてしまうケースがあります。もちろん、アプローチがきっかけで好きになるということもあるのですが、あまり好きという感情がないままお付き合いに発展しても良い事は起きないのです。
アプローチされても好きな相手なのかどうか確認した上でお付き合いに発展させるべきですし、長続きしたいのであれば自ら好きになった相手と付き合う努力をするべきです。


ただ人肌が恋しい

人肌が恋しいという理由で相手をただ選んでしまっても上手くいきません。好きな人というのは、ただ好きと言う感情だけでは上手くいかず結果としてこれで良いのか?という結果になりかねません。
早く別れたくないのであれば、好きな感情が芽生えてからお付き合いに発展させる事が大事ですし、それだけではなく自分にとって彼と一緒にいたいか再確認するべきですね。


まとめ

実は本当の恋をした事がないという方もいます。自分の中では、好きという感情があると思っていながらも錯覚のようなものでしかないのです。
これでは、良い結果なんて生まれません。ステキな恋愛をする努力をするべきです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/31 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます