青信号で跳ね橋を通過しようとした車、突然橋が上昇し地上に転落(ベルギー)

拡大画像を見る

ベルギー、フラームス=ブラバント州ルーヴェンの河川に架かる跳ね橋「マリー・トーマス・デュリュー橋(Marie Thumas Durieuxbrug)」で27日の午後4時45分頃、橋が上昇して通過中の車が転落するという事故が起きた。

目撃者が撮影した動画には、橋を通過しようとした赤い車が急勾配になっていく橋の上で立ち往生する様子が捉えられている。そして橋がほぼ垂直に近い状態になった時、車は地上に向かってスリップし始め、ついに車体が逆さまになった状態で転落してしまった。

車には1歳児と両親が乗っていたが外に出ることができず、到着した消防隊によって救出され、病院に搬送された。幸い3人とも軽傷で済んだようだ。

事故が起きた原因は当初、車が信号を無視して橋に侵入したのではないかと言われていたが、地元メディア『Nieuwsblad.be』では何人かの目撃者が「橋の手前の信号は青だった」と主張したことを伝えている。

さらに同メディアによると、事故に遭った車は青信号に従って橋をそのまま通過しようとしたが、なぜか橋の先にある信号が赤だったために停車し、信号が変わるのを待っていたそうだ。そして突然ベルが鳴り始め、橋がどんどん上昇していったという。

このマリー・トーマス・デュリュー橋は、ベルギー・フランダース政府が350万ユーロ(約4億6000万円)を投じて2019年8月に開通させた比較的新しい橋であり、当時は安全性についても謳われていた。現在、事故の原因について水路を管理している「NV De Vlaamse Waterweg」がさらなる調査を行っているとのことだ。

画像は『ROBtv 2021年10月27日付Twitter「Er zijn nieuwe beelden opgedoken van het ongeval op de brug aan de Vaart in @stadleuven.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 10/31 10:27
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます