デート中に彼氏をウンザリさせる「愚痴っぽい一言」9パターン

デート中に、彼氏がいきなり憮然とし出したら、それは不注意な一言が原因かもしれません。せっかくの楽しいムードに水を差したくなければ、どんなセリフが禁句なのか覚えておいたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「デート中に彼氏をウンザリさせる『愚痴っぽい一言』」をご紹介します。

【1】待ち合わせでため息をついて「超だるいんだけど」
「開口一番それかよ!とテンションがだだ下がり」(20代男性)というように、デートの始まりからやる気のない態度を見せられて、不快感を覚える男性は多いようです。体調が悪かったらあらかじめ連絡しておくなど、前もって一言あったほうが彼氏も心構えができるでしょう。

【2】顔を合わせた瞬間に「その服装、もう少しどうにかならなかった?」
「気合い入れてきたつもりなのに…」(10代男性)というように、ファッションにダメ出しをされてプライドが傷つくケースです。違和感があっても、よほどひどくない限り、「この組み合わせも新鮮だけど、次は白っぽいインナーのほうがいいんじゃない?」などとやんわり指摘する程度に留めましょう。

【3】目的地に向かいながら「いつも電車だよね」
「車がないことを暗に言われているようでガックリ」(20代男性)というように、交通手段に関する不満は、単なる嫌味に思われかねません。あまり気が進まないのであれば、デートを計画しているときに伝えておくのが無難でしょう。

【4】行列に並びながら「人多すぎじゃね?」
「お前もその一人だよ!と突っ込みたくなります」(20代男性)というように、ストレートすぎる物言いに嫌気がさす男性もいます。本音はうんざりしていても、「それだけ人気なんだよね!」などといいほうに解釈するのが大人の女性ではないでしょうか。

【5】周囲のナンバープレートを見て「うわー田舎者ばっかり」
「何様のつもり?と引いた」(20代男性)など、他人を見下すような態度も、彼氏をドン引きさせてしまうようです。毒舌で会話が盛り上がることもありますが、TPOはわきまえたほうがいいでしょう。

【6】定番アトラクションの前で「元カレと飽きるほどきた」
「俺の前で元カレの話をするか?とイラッときた」(20代男性)というように、過去の恋人の存在をちらつかせるのも、彼氏を不快にさせるようです。たとえ訪れたことがある場所だとしても、「友達とみんなで来たんだ!」などと適当に話をぼかしておきたいものです。

【7】好きな料理を聞いて入った店で「頼みたいものが何もない」
「生パスタが食べたいっていうから評判の店を探したのに!」(10代男性)というように、前言を撤回したことで彼氏をカチンとさせるパターンです。がんばってお店を探した可能性もあるので、頼みたい料理が見当たらなかったとしても、何か食べられそうなものを注文するのが礼儀でしょう。

【8】ムードある2軒目に誘おうとすると「つまんなかったからもう帰る」
「いい雰囲気だと思っていたのは自分だけ?一日が否定されたように感じる」(20代男性)など、その日のデートを全否定する一言で興ざめさせるケースです。早めに切り上げたい場合は、門限や翌日の仕事を理由にソフトに伝えたほうがいいでしょう。

【9】別れ際に「ヒールなのに連れ回されてくたくた!」
「気遣いがないと指摘されたようでへこみます」(20代男性)というように、正直過ぎる物言いが、デートの後味を台なしにすることもあります。最後の最後に言うのではなく、彼氏と落ち合った時点で「今日ヒールだから、長い階段を降りるのは辛いかも」などと告げておくのがお互いのためではないでしょうか。

「それを今言うか!」という一言が失敗を招きやすいようです。嫌なことは事前に伝えて無用な行き違いを防ぎましょう。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/31 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます