後藤真希、10年ぶり写真集に「コレはヌケる!」大評判の“不貞”の追い風

拡大画像を見る

 11月29日、元モーニング娘。の後藤真希による10年ぶり9冊目の写真集「ramus」が発売。その先行カットが公開され、「コレはヌケる!」と大絶賛を浴びている。

「今回の写真集は、大人になったゴマキの今のありのままのナチュラルさをふんだんに盛り込んだ内容になっているとか。公開されたカットからはかなりの大胆さが窺え、特に注目されたのが、肌が透け見えする黒の肌着姿。上下ともレース生地のため、柔らかそうなバストも下半身もギリギリまで見える大胆さです。ボディラインは2度の出産を経験した36歳とは思えない仕上がり具合で、フェロモンが漂いまくっていますよ」(エンタメ誌ライター)

 ネット上では《コレは即買いのやつだ!》《ゴマキいいカラダしてるな! ティッシュ買い占めなきゃ(笑)》《最高にイヤラしいな。ココまで見せてくれるとは…》といった声に加え、《ホント抱いてみたいボディ。不貞したい》《このカラダで不貞していたと思うだけで興奮する!》《ゴマキの場合は色々と妄想しやすい。絶対に買おう》といった声も出ている。

「後藤は19年、オンラインゲームで再開した元カレとの不貞関係が発覚し、その生々しい交流と肉体関係までもが報じられ謝罪。結局は元サヤに戻り、昨年暮れからはアーティストとしての活動を本格的に開始していますが、やはり不貞騒動のインパクトは強く、まだネット上でイジられることも少なくありません。ただ、今回の大胆写真集の反応を見る限り、その不貞報道がむしろリアル感を与え、追い風になっている様子。爆発的に売れるかもしれませんよ」(芸能ライター)

 発売が待ち遠しいファンも多いことだろう。

関連リンク

  • 10/31 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます